読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌自転車日記

札幌で(古い)自転車に乗る人の日記。

ランドナーは重い?

荷台や泥除けの付いてない自転車に比べれば、付いてる分重いです。

でもどの位重いかわかりませんので、試みに1985年度ブリヂストンサイクルカタログからツーリング系車種の重量だけ抜き出し列挙してみます。全部は大変なのでフレームサイズが一番大きい方のみ。

スポルティーフやディアゴナール等軽量で舗装路がメインのツーリング車は11Kg~12Kg前半台、ランドナーやミキストは12Kg後半台、キャンピングは圧巻の15Kg台となつてます。

よくランドナーと間違はれるロードマンは種類が多いので列挙は省きますが14Kg台でした。

では現行品はどうでせう。

既成品のトラディショナルな所謂マスプロ車のみあげてみましたが、いかがでせうか?

ロードレーサー向け部品の多段軽量化が進み、上位型の部品を採用してるものをみれば昔の同型車よりも多段軽量に出来て居ます。ただ、軽ければ良い訳でもなく、上位型の部品を採用したばかりに、走るだけでも消耗品の交換にお金ばかりがかかるなんて事にもなりかねません。自分の用途と予算と好みにあはせて自転車を選びたいですね。