札幌自転車日記

札幌で(古い)自転車に乗る人の日記。

パフォーマー ハイレーサー 700C キャリパー 改 USS

f:id:santarou98:20210322011355j:image

以前から気になつてたリカンベント、値段が高価で試乗できる店舗も近くになかつたので縁が無いものと諦めてたところ、所有してた友人が何度か練習したものの乗れなかつたので譲らうか?といふ話になり格安で譲つてもらふことに。

この車体は元々前後車輪700Cでキャリパーブレーキなのを、前々所有者がリカンベントに必要なステアリング操作用のダボを自前で溶接した24インチ用ディスクブレーキ対応前フォークに交換して前のみ24インチ車輪でディスクブレーキ化してをり、後ろの荷台も純正品ではなく取り付けステーを2本結合して延長したものを上手くとりつけてる等かなり改造されてある。

車体が大き過ぎてバーレーのトラヴォイや後ろ荷台に積んでの搬送が不可能なので、乗つて自走して帰る為に友人に付き合つてもらひ、2時間程練習したところなんとか乗れた。

練習方法としては

  • 緩い下り坂を寝そべらずに座つたまま下り車体の挙動に慣れる
  • 緩い下り坂を寝そべつたまま下り車体の挙動に慣れる
  • 緩い下り坂を寝そべつたまま下りそのまま漕ぎ始めて漕げるところまで漕ぐ

上記を行つた

WWW上にみられるリカンベント練習方法ではいきなり漕ぎ始めずに坂道を下つて挙動に慣れるのが定番らしいが、寝そべつたまま下り始めるのは下が見えずに怖いのでまづは寝そべらずに体を上げて座つたまま足をつける状態で何度か下り、慣れたら寝そべつたままやつてみるのがよい(それでも何度か転んだ)。

そしてリカンベントでも曲がる為にはハンドルを切らないといけない訣だが、USS(アンダーシートステアリング)では読んで字の如く座面の下にハンドルがあるのでハンドルを切りすぎると座面にぶつかるし、この車体ではクランクの位置によつては前輪にクランクがぶつかるので、そもそもペタルを漕いだまま思ひ切りハンドルを切ることができない。

つまり曲がる為にはある程度速度を出した状態でクランクを前輪がぶつからない適当な位置で固定して速度が落ちすぎない程度に軽くブレーキをかけつつハンドルを切りながら車体を傾けて曲がることを意識しないと駄目で、ハンドルを切るだけで曲がらうとしてもまつたく曲がらないので注意する必要がある。

平地で発進する時は左右どちらかのペタルを塩梅の良い位置にして一番軽いギアで漕ぎ始めるのが良いとされてるが、これでは上手く平地発進できなかつたので、上体を起こして座つたまま両足で地面を何度か蹴りながら前に進み始めたところで寝そべつて足をペタルにかけて漕ぎ始めるのがやりやすかつた。

ただ、両足で地面を蹴りながら前に進み始めたところで寝そべつて足をペタルにかけて漕ぎ始めるやり方だと漕ぎ始めでハンドルを握つて力をいれる為にどうしても左右どちらかにふらつくのが難点でこれは慣れないとかういふものなのかもしれない。

 


f:id:santarou98:20210322011405j:image

何はともあれリカンベントで自走することには成功した。

感想としては

  • 言はれてる程視界はよくない(寧ろ悪い)
  • 空気抵抗が少ないのでかなり速度が出る
  • 立ち漕ぎはできないが擬似的な立ち漕ぎができる
  • USS(アンダーシートステアリング)だと普通の自転車と違ひ操作感覚が独特
  • 停車は思つたより楽

WWW上にはリカンベントの利点として普通の自転車よりも広い視界を楽しめると書かれてる記事があるが、どちらかといへば自動車でいふところのオープンカーに座席を後ろに倒して乗つてるので視界が開けた感じがすると言つた方が正確で、その上、普通の自転車と違つて速度を落として下や後ろを確認するのがほぼ不可能なので、一般車道で並走してる自動車との車間距離や前方の障害物を確認するのに集中しなくてはいけなくて路面より上の視界を楽しむ余裕はほぼない(この辺は慣れかも知れない)し後方確認の為のバックミラーは必須。

普通の自転車よりも速度が出るとはいはれてるが、実際に乗つてみるとこれは本当で、巡航速度時速15Km超位の積りで走つてると時速20Km超過してをり、少ない負荷でかなりの速度が出る。

構造的にリカンベントは普通の自転車でいふところの立ち漕ぎが出来ないのだが、ハンドルを握りながら座面に背中を押し付けての擬似的な立ち漕ぎが出来るのである程度の登坂も可能。

リカンベントにはハンドルがおほまかに2種類あり、一般的なのがOSS(オーバーシートステアリング)で座面の上にハンドルがくるので普通の自転車に操作性が近いらしい。一方この車体に採用されてるUSS(アンダーシートステアリング)だと座面の下からハンドルがくるので普通の自転車と違つて腕を伸ばしてハンドルを握るのではなく、肘を曲げて腰元にあるハンドルを軽く握ることになる。先に書いた様にクランクが特定位置にあると前輪に当たるのでペタル漕ぎながらハンドルを切れないし、ハンドルを切りすぎると座面にも当たるので、ハンドルを切るのは気持ち程度に実際は車体を傾けて曲がるのだが、普通の自転車と違つて寝そべりながらクランクを前輪がぶつからない適当な位置で固定して速度が落ちすぎない程度に軽くブレーキをかけつつハンドルを切りながら車体を傾けて曲がるのが最初はかなり怖いのでこの感覚を得るのが難しい。恐らくOSSの方がこれはいくらか簡単に習得出来る筈。

意外だが停車は楽で、ブレーキをかけて速度が下がつてきたら上体を起こして足を地面につけて座ればいいだけなので発進に比べれば停車はあまり怖くない。

 

 

以上。リカンベントに乗つて1日目の感覚を忘れる前に覚書。

機会があれば独特の乗り心地を遠乗りで試したい。

パグスレイのハンドル周りを交換

f:id:santarou98:20210104211457j:image以前からステム長とハンドル幅が短い所爲でクイックなハンドリングに不満があつたのでハンドル幅のあるものに交換してギドネットレバーから補助レバー付きのエアロレバーに交換してワイヤーの取り回しもスッキリさせた。

気分転換にサドルもバネ付きで革風の安価なものに交換したがバーテープより色の濃い茶色になつて色味が合はないのは失敗。いづれバーテープに似た色味のサドルに交換予定。


f:id:santarou98:20210104211517j:image

ハンドルは日東のB132(410mm)から同じ日東のM137(520mm)へ、ブレーキレバーはTRP RRL SRと補助レバーにテスタッチのエイドアームを取り付け。バーテープはフタバのVLT-007。

TRP RRL SRはクイックレリーズボタンが付いてるのでブレーキシュー交換やホイールの取り外しが容易。バーテープは革ぽさよりもゴムぽさがあり、適度にグリップの利くバーテープ



f:id:santarou98:20210104211537j:image

ステム長を45mmから75mm(ディズナ リッジライン ステム 17°/73°)に変更、バーコンもダイアコンペのフリクションからシマノSISに変更して9速を段階付き変速可能にした。


f:id:santarou98:20210104211546j:image
バーコン以外の変速周りは変はらずシマノ デオーレXT(M760)9速。前変速の動きが渋かつたのでラスペネを何度か吹いて調整して直した。チェンもフリーも錆錆に見えるが動作に問題はない。後変速機のプーリーがそろそろ寿命なのでいづれ交換したい。


f:id:santarou98:20210104211605j:image

組んで早速実走。想定通りにハンドリングのクイックさはなくなり丁度いい塩梅。荒れた路面や下り坂だとハンドル幅の広い方が走りやすいのだがこれも想定通りで以前より走り易くなつた、が、ハンドル幅がもう少しあつた方がよかつたかも知れない(日東M137は480mmから540mm幅まである)。

とりあへず今冬はこの仕様で走行していく。

初冬の支笏湖、丸駒温泉へふたたび

久々に友人と休みが合つたので支笏湖の丸駒温泉へ行くことに。

roadman.hatenablog.com

ブログを溯つてみると同じ顔ぶれで同じ行程を行くのは4年ぶり。

前回はアラヤ フェデラルだつたが今回の相棒はユーラシア ディアゴナール

結論からいふと丸駒温泉までの走行で疲れ果ててしまつたので、平地での快走向きなツーリング車を選んだのは失敗だつたかも知れない。


f:id:santarou98:20201109223749j:image

朝7時過ぎに真駒内駅で友人と合流して国道453号線を南下していき、途中芸術の森近辺にあるコンビニで補給してさらに南下。

最近遠乗りをしてなかつたので足が弱つたのか途中登り坂で何度も足をついてしまつのは情けない限り。

言ひ訳をするなら平地での快走向きなツーリング車を選んだ所爲もあるが、結局乗る人の脚力問題だらう。


f:id:santarou98:20201109223800j:image

10時半頃に支笏湖へようこそ看板の前で記念撮影。4年前は10月30日に雪が積もつてたが、今年は11月8日なつても雪が積もらず晴天に恵まれた(次の日11月9日に札幌は初雪が降つたので時期が良かつた)。

とはいへ気温は15度未満、ここから下り坂が続きさらに寒くなるので一旦着込んで丸駒温泉への道を走つた。


f:id:santarou98:20201109223809j:image

正午頃、丸駒温泉旅館 へ到着。日帰り入浴は4年前と変はらず石鹸シャンプー・リンス備付のタオル別で1000円。

温泉に入つてると疲れからうとうと寝てしまつて頭を下げて口がお湯に付いて起きるのを何度か繰り返してる内に目が冷めたので天然露天風呂へ。

天然露天風呂はぬるめの温度で深さが支笏湖の水位と同じく上下してをり、今回は以前と同じく高い方で、立つた状態でも肩近くまで水位がある位だつたが、友人曰く夏に訪れた際はかなり低くなり、寝湯といふ趣だつたさう。

ぬるめの温度が心地好く長湯をしてしまつたが、適当なところで切り上げて食事へ。


f:id:santarou98:20201109223822j:image

今回は丸駒温泉旅館ではなく支笏湖温泉街で昼食。

丸駒温泉旅館と支笏湖温泉街の途中にある友人イチオシのポロピナイ食堂でヒメマス料理(ヒメマスの姿焼きが絶品ださう)を食べる予定だつたのだが、11月3日に今年度の食堂営業が終了してたので急遽予定を変更して支笏湖温泉街へ向ふ。

支笏湖温泉街の食堂トントンでヒメマスフライカレーを食す。鮭に近いといふか同じ種類であるらしいのだが、かなり美味しい。来年はポロピナイ食堂でヒメマスを食べてみたい。

 

 

食事後は来た時の道を逆に辿り真駒内方面へ走る予定だつたのだが、友人が来た時の僕の疲労困憊した様子をみて平地の多い千歳方面へ抜ける道を走る提案をしてくれたのでそれにのり、温泉街から東へ走り、支笏湖公園自転車道線へ合流し、千歳市内へ向ひ、千歳から札幌方面へ北上の帰路を走る帰路となつた。

バーレートラヴォイのスタンドと締結部の修理

f:id:santarou98:20200708011941j:image

以前から興味のあつたバーレートラヴォイを中古品で入手した。


f:id:santarou98:20200708012004j:image

本体を折り畳み車輪を外す等の機能に問題はなかつた。


f:id:santarou98:20200708011600j:image

スタンドの先のゴムがなく、先端が歪な形に削られてたのでホームセンターにて近い径のゴム足を入手して厚手の両面テープで包んだ先端に取り付け。


f:id:santarou98:20200708011839j:image

さらにスタンド自体が機能してないとの由、調べてみるとスタンド締結部の裏表が反対に付いてた為にスタンドのストッパーが利かずに立たせるとすぐに折れてしまふといふだけだつた。締結部のネジ留めを外して裏表を正しく取り付けてスタンド機能は問題なし。

 

 

 

それからしばらく使つてるとトレーラー本体と自転車を繋ぐ締結部が破断した。元々締結部にヒビがはいつてた(当初はさういふ仕様だと思つてたが前所有者が壊したらしい)ので寿命だらう。

 

item.rakuten.co.jp

 

通販で交換部品を取り寄せたが、トラヴォイの新型が出た所爲か通販サイトの在庫が僅少となつてる様。

 

f:id:santarou98:20200708011635j:image

トラヴォイの締結部(フレックスコネクター)はトレーラー本体から伸びたパイプの先端に差し込んでネジ留めされてあるが、ネジ留め箇所はスポンジカバーで隠されてあるのでそれを剥ぐ、ネジ留め箇所は六角穴ボルトとプラスネジで留められてる上に緩み止めが塗布されてる為にかなり外し難い。

 

f:id:santarou98:20200708011726j:image

f:id:santarou98:20200708011748j:image

外した締結部。片側の六角穴ボルトはいいが、プラスネジがともかく舐めやすいので、しつかりとしたプラスドライバーで固定して長い六角レンチをパイプで延長してその先をハンマーで撲つて緩んだプラスネジの頭をプライヤーで挟んで固定し、六角レンチを回して外した。

 

f:id:santarou98:20200708011802j:image

破断した締結部をみてもわからないが、締結部には上下があり、丸く凹んでる方が下を向く様に付けるのが正しい。


f:id:santarou98:20200708011822j:image
後は新品の締結部をトレーラー本体から伸びたパイプの先端に差し込んでネジ留めして終はり。その後何度か使つたが特に問題なし。これから存分に活用していく。

リヤエンドの差し替へ

結局折れてたエンドはフレームを持ち込んで旭川のエゾサイクルに修理依頼。店を閉める冬の間に修理が完了して取りに行つたのが昨年の春先。

 

f:id:santarou98:20200418190506j:image

右のエンドを取り外して別のエンド(リッチーのストレートドロップエンド)が取り付けてある。ダボも追加して削り込んで前のものに形を合はせてくれたらしい。


f:id:santarou98:20200418190513j:image
エンド形状は元々付いてたサンツアーエンドと比べて小ぶりでスッキリ。

別に頼んではなかつたが、サビのあつたBBのネジ山も軽くサラッてあつたりエンド幅も指定通りできつちり平行を出してあり満足度が高い。

気になる修理費用は45000円。これを安いとみるか高いとみるかはあなた次第……。

ブリヂストン・ユーラシア ディアゴナール

f:id:santarou98:20200418211922j:image

ワイルダム パッカーを弄るのに手持ちの部品を漁つてると昨年春頃買つたのを忘れて放置してたユーラシア ディアゴナール最終型を発掘したので同時に弄つて居た。


f:id:santarou98:20200418211943j:image

弄つてる内に何かに使はうとして購入してたパナソニック700C用の輪行用泥除けがサイズ530のワイルダム パッカーにはそのままでは付かなかつたが、元々大きいフレームサイズ向けの泥除けだつたのか、サイズ560ユーラシア ディアゴナールには少々の調整で取り付けられたので、パッカーは後回しでディアゴナールを走行可能に仕立てる事とした。


f:id:santarou98:20200418212014j:image

ブリヂストンサイクルのツーリング車用フロントキャリアが余つてたので取り付け。専用品なので変に弄らなくてもフォークのフロントキャリア用ダボとフォーク貫通穴で無理なく固定。

前泥除けはフォーク下吊り金具とフロントエンドダボだけでではなく、フロントキャリアにも固定して走行時のガタツキを抑へる。

後泥除けはエンドダボとシートステーブリッジ下とチェンステ―ブリッジ下で固定。


f:id:santarou98:20200418212055j:image

1988年式ユーラシア ディアゴナール(EAD-560)、変速周りはSIS化する手前のシマノのNew 600EX(6200)で後のアルテグラ

1989年にアトランティスとユーラシアは統合されてトラベゾーンブランドとなる為、今回組んだのはユーラシア ディアゴナール最終型といふ事になる。

歯数は前50-42-32tの後14-28t。元は後ろ14-24tだがワイルダム パッカーから前後車輪を移植、フリーも登坂を考慮してパッカーの14-28tまま。後変速機がロングケージなので28tに換装後もチェンとワイヤー交換のみで無理なく変速可能。

ジオメトリは同年式スポルティーフと概ね同じだが、比べるとディアゴナールはハンガー下がりが5mm低い。

他にスポールティーフだとブレーキはセンタープルで電装はバッテリーライトのみだが、ディアゴナールはブレーキがカンティ(前DC960後DC981)で電装はリアダイナモでフロントキャリアから伸びたライトを光らせると言つた違ひがある。

今回組むにあたりダイナモは廃してバッテリーライトを使用するものとした。


f:id:santarou98:20200418212123j:image

パナソニック輪行用泥除けはシートステーブリッジ下と


f:id:santarou98:20200418212148j:image

チェンステ―ブリッジ下で固定された金具に付いた六角ボルトを


f:id:santarou98:20200418212205j:image

アーレンキーで緩めて外すことで分割することなく後ろ泥除けを全て外すことが出来る仕組みとなつてある。


f:id:santarou98:20200418212229j:image

ブリヂストンサイクルの場合だとチェンステ―ブリッジ下は泥除けを挟んで固定する金具があり六角ボルトを緩める必要がないのが違ひだが、パナソニック輪行用泥除けの方がガタツキが少なく固定力はある。


f:id:santarou98:20200420060927j:image

走行可能まで組み上がつて軽く試走したので、早速フォーク抜き輪行を試してみた。


f:id:santarou98:20200420060954j:image

フレームサイズが大きい為、マチに余裕の無い古いランドナー輪行袋だと収まるがギリギリ。マチに余裕のある近年のランドナー輪行袋や類似品なら問題なく収まるだらう。

ブリヂストン・レイダックトレーナー

f:id:santarou98:20200320232638j:image

レイダックシリーズは色々あるが屋内練習用のレイダックトレーナーが詳細に紹介された記事をみたことがなかつたので興味本位で入手。

レイダックトレーナーは初期型(RD-T)と後期型(RDT-MG)があり、今回入手したのは後期型。後期型で負荷装置(タイヤに接触して負荷を生ずる部分)が電磁式化して値段が49800円から54800円に上がつたのが相違点として上げられる。

負荷装置にはNAGAOKA・JAPANと表記されてあり、自転車関連用品を手広く製造してた長岡金属のものではないかと推測される。

余談だがレイダックトレーナーの発展型としてレイダックエクササイザー(RD-EX)があり、これはパルスメーターを追加し、負荷方式をフライホイール外周巻き付き式として実際の自転車駆動方式と異なるものを採用した現行のフィットネスバイクに近い製品。値段は55800円。


f:id:santarou98:20200320232726j:image

ホイールはアラヤ20Aの700Cでハブはシマノ、フリーもシマノで6段、チェンはHGチェン。搭乗者の体重を支へるシートポストを差し込むパイプから伸びたチェンステ―先端にある正爪エンドで挟み込まれてあり、ブラケットを介してシマノポジトロン変速機が使はれてある。


f:id:santarou98:20200320232737j:image

シフターはシマノポジトロン6速インデックス式がバンド留めされてある。所謂トップマウント式のシフター、サンツアーのクリマチック以降ロードマンで使はれたものとほぼ同じもの。


f:id:santarou98:20200320232752j:image

フリーとチェンの状態をみるに全く使はれることなくあつたことがわかる。


f:id:santarou98:20200320232805j:image

クランクは栄輪業の165mmでガード付きの50t。同社のカスタムAに似る。1986年1月製造だが本体(1990年代製)と年代が合はないので大量製造された在庫品を取り付けたのだらう。ペタルは標準仕様だと三ヶ島のRMXが付いてたと思はれる(極東の類似品かも知れない)。


f:id:santarou98:20200320232820j:image

シートポストは珍しい22.2サイズ。標準仕様だとヤグラを介してセライタリアのアナトミカサドルが付いてあつた。


f:id:santarou98:20200320232828j:image

ステムとハンドルは楠木のWIN。特異な形状に対応する為かカチ上げステムが使はれてる。バーテープはこの時期よく使はれたOGKのエンボス加工されたもの。

春夏秋冬ほぼ毎日自転車に乗つてる為、わざわざ屋内で自転車に乗る機会はないが、気が向けば乗つてみたい。