読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌自転車日記

札幌で(古い)自転車に乗る人の日記。

新千歳空港へ試走

roadman.hatenablog.com

台湾ブロンプトン用ゐた輪行旅行を今年も行ふ。

昨年はタイヤの耐久性が不安だつたので、新千歳空港までの自走は諦めたが、今年はタイヤ交換したので新千歳空港まで自走してからの飛行機輪行に挑戦する。

事前調査無しに新千歳空港へ行くのは不安なので、経路の確認とタイヤ交換後の試走を兼ねて新千歳空港まで走行した。

経路は国道36号線を南下するだけで、中央区からは約3時間と行つたところ。特に迷ふ経路ではないが、新千歳空港への進入が分かりにくいので備忘に写真を撮つた。

f:id:santarou98:20160428152434j:plain

JR南千歳駅の横、青い看板にある様に車道を右へ行けば新千歳空港へ入れるのだが、交通量が多く路側帯も狭いので別の道を行く。

f:id:santarou98:20160428152431j:plain

JR南千歳駅への連絡通路を渡つた先から新千歳空港への別の道に行ける、が、連絡通路出入り口にドアがあり一々開け閉めが必要で、自転車を持ち歩いて行くのは少々面倒。

f:id:santarou98:20160428152618j:plain

なのでJR南千歳駅より前の千歳空港ノースパーキング横にあるT字路で横断歩道を渡つて向ひ側の歩道へ先に行く方が良い。

f:id:santarou98:20160428152534j:plain

JR南千歳駅向ひ側の歩道。

f:id:santarou98:20160428152538j:plain

先に見える坂道を行く。

f:id:santarou98:20160428152619j:plain

真つ直ぐ進んで行き、上に国道337号線が交差してる下り坂で降り、坂の横の歩道を北へ少し戻る。

f:id:santarou98:20160428152620j:plain

すると看板が見えて新千歳空港まで続く歩道があるので進む。

f:id:santarou98:20160428152621j:plain

歩道の横には防衛省により有刺鉄線が張り巡らされてる。

f:id:santarou98:20160425141717j:plain

進むと新千歳空港の看板あり。

f:id:santarou98:20160428152533j:plain

さらに先を進むと隊道がある。出口までは短いが中は暗く、歩行者と擦れ違ふ可能性もあるので、なるべくライトを点けて行きたい。

f:id:santarou98:20160428152532j:plain

出口。

f:id:santarou98:20160428181527j:plain

隊道を出て歩道を道なりに進むと国内線ターミナルに着く。

f:id:santarou98:20160428152531j:plain

国内線ターミナル手前にはサイクルステーションなるサドル引つ掛け式サイクルスタンドがあり、空気入れの貸出も行はれてる。

 

台湾ブロンプトンのタイヤ交換後の走行感は全般的に軽快になり、ハンドリングのクイックさが増した感じである。

小径車なので元々ハンドリングがクイックではあつたが、タイヤが細くなつた所為か久々に小径車に乗つた所為か、以前よりもクイックに、また、タイヤが細くチューブが高圧になつた所為か以前よりも明らかに転がりが良く、全体重量が軽く感じる。

ただ、市街地を走行する分には不足を感じなかつた内装三段変速が、今回の様な緩やかな上り坂や下り坂が続く田舎道だと軽いギア重いギア共に足りず、思ふ様に速度が出せなかつた。今後遠乗りするなら更なる多段ギア化か身体能力向上が必須だらう。