読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌自転車日記

札幌で(古い)自転車に乗る人の日記。

台湾ブロンプトン、東京を走る2015年春

5月2日から5月4日まで東京旅行してました。勿論自転車を持つて。

f:id:santarou98:20150504112345j:plain

それはいいんですが、初日にチェンテンショナーが外れて、さらにその取り付けボルトを紛失してしまい、まつたく走れない状態になつたので、お花茶屋のサイクルハウスしぶやへ行つて既製のボルトを加工してチェンテンショナーを取り付けてもらひました。2700円位。

その後は簡単に全体点検と調整をしてもらつて、走りに問題ないことを確認して出発。 お花茶屋から南へ下つて走りました。

大体の経路。

f:id:santarou98:20150504130305j:plain

大和但馬屋日記に敬意を表して吾妻橋。観光客が多かつたので少し前で撮影。

f:id:santarou98:20150504141252j:plain

品川埠頭橋。この辺は誰も居ませんでした。

その後さらに下つて平和島公園まで行きました。その後ゴーゴーカレーを食べて飛行機輪行して帰道。

今回の輪行ではオーストリッチのちび輪バッグPWを使用。厚手の生地で出来てをり、ブロンプトンを入れて2、30分持つて歩いても破れる気配はありません。ブロンプトンの利点である転がしができないのは難点ですが、輪行の際に入れるだけと割り切ればなんてことなく使へます。

飛行機輪行では特にこちらからああしろかうしろとは言はずに輪行袋に入れて預けただけ。行きの新千歳空港ではタグに自転車と書いたり付けてくれたり、横に倒して積む際の下にする方を指定するか聞かれ、羽田に到着後は別口で係員さんが運んでくれました。羽田空港ではタグに自転車と書いて終はり、新千歳に到着後は他の荷物と一緒に流れてきたのを回収。場合によるとは思ひますが対応はこんな感じでした。

輪行袋の生地が厚手で破れる心配はありませんでしたし、要のチェンテンショナーは折り畳み形態時にはフレームとフレームに挟まれて破損の危険も少ないので特に緩衝材はいれませんでしたが気になる方は緩衝材を詰めるのが良いでせう。