読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌自転車日記

札幌で(古い)自転車に乗る人の日記。

ダイナモコードの配線その1

こつこつ集めてた部品が揃つたので、トラベゾーンを走行可能状態へするべく部品を組み付けて行く。今回は一番面倒なダイナモコードの配線。手持ちやWWW上の資料だと詳細に作業手順を記した物がみあたらなかつたので試行錯誤した。あまり手順が洗練されてはゐないかも知れないが参考になれば幸はひ。

今回使用する電線は0.5sqで3mのもの。多分ホームセンターや自動車用品店で同等品の扱ひがあると思ふが、今回は他の品と纏めてヤフーオークションの銀輪庵経由で購入。

所持してる1976年の初代ユーラシアでは配線が内蔵ではなく外付けバンド留めであつたが、以降は内蔵工作がされてゐたらしく、先日入手したダイヤモンド ツーリングも内蔵工作がされてあつた。

配線経路は今回のトラベゾーンと同一で、左シートステーに直付けされたダイナモからコードが出て、ギボシでカシメ、ギボシから二股に分かれて後ろ泥除けの裏側を伝ひ、一方はリアテールライトへ、もう一方は後ろ泥除け下方からチェンステーブリッジの穴を抜けてBBシェルの後ろに空いた穴を通つてダウンチューブへ、そこからダウンチューブ上方左側のヘッドとのラグに空いた穴から出て、ギボシでカシメ、前泥除け裏側を伝ひフロントヘッドライトにとなる。ギボシでカシメてるのは輪行時に取り外しすることを想定してゐる為。

フレーム内部へコードを通すにはコードをそのまま通すのは難しく、手持ちの資料だと、凧絲を使つたとか掃除機を使つた等が書いてあるが、糸はダウンチューブ内で引つかかるし掃除機は吸込み口径が大きくてBBシェルに入らなくて使へない。そのため不要なシフトケーブル(ブレーキケーブルでは太すぎる)を使用する。
f:id:santarou98:20170424235426j:image

シフトケーブルの先端を解いて3,4cm程度1本か2本を残してワイヤーカッターで切断し、先端に残つたケーブルをフレーム内に通すコードにきつく絡める。
f:id:santarou98:20170424235435j:image

通す際はダウンチューブ上から通す。先にシフトケーブルを入れ、押し通していく。
f:id:santarou98:20170424235442j:image

BBシェル裏からチェンステーブリッジまで出したら、そこからシフトケーブルを引つ張りつつ、ダイナモコードを押し通していく。この際シフトケーブルを引つ張るだけだとコードがシフトケーブルから解ける場合があるので(実際何度か試行中に解けた)ダイナモコード側も押しつつシフトケーブルを引つ張るやうにした方がいいだらう。

シフトケーブルの長さがダウンチューブより長くないと意味がないので注意されたい。
f:id:santarou98:20170424235449j:image

開始から試行錯誤の3時間後、なんとかコードは通つた。
f:id:santarou98:20170424235455j:image

BBシェルの中までばつちり。

次回は残りの配線を行ふ。

白石サイクリングロード近況2017春

年が明けてからの本格的な走り始めとして毎年恒例の白石サイクリングロードこと白石こころーどとエルフィンロードを含む道道札幌恵庭自転車道線を札幌コンベンションセンターから北広島駅までを走行。

今回は風邪をこじらせたので少々遅くなつた。
f:id:santarou98:20170415232203j:image

始点のさつぽろ大地公園。

今回は冬の間乗りたくて堪らなかつたアトランティス ロードレーサーで走行。チューブラーの空気が抜けてたので突つ張らせたままのゼファールHPXクラシックを使つてみたらポンピング数回で空気がパンパンに入つたので一寸驚き。フレームポンプは飾り程度にしか考へて居なかつたが現行品は意外と実用的。

f:id:santarou98:20170415231917j:image

コンベンションセンター横は雪山がまだあり、路面にも落葉と水たまりが。
f:id:santarou98:20170415231922j:image

片側の路面一部が完全に落葉と水たまりで覆はれてる区間があり。

f:id:santarou98:20170415232219j:image

虹の橋は路面に撒かれた滑り止めの砂が多くあり。

f:id:santarou98:20170415232040j:image

北星学園大学の辺りは水たまりはないものの落葉が多い。

f:id:santarou98:20170415232008j:image

エルフィンロードの区間は背の高い木々が日陰になつて雪山がまだ殘つてる区間が多い。片側が雪山でもう片側が水たまりになつてる。

f:id:santarou98:20170415232022j:image

雪山で片側が半分埋つてる。

f:id:santarou98:20170415232031j:image

ここもまた雪山で片側が半分埋つてた。

f:id:santarou98:20170415232227j:image
終点北広島駅。休日の為か他にもロードレーサーに乘つて走る人達をみた。

冬の間ずつとファットバイクに乘つてた所爲か前52tで坂道を登つて居ても昨年と比べて疲れを感じず、脚力が上がつてる気がする。とはいへ土日祝日は家族でサイクリングを楽しむ人達や標識を確認せず逆走してる人達等が沢山居りあまり速度は出せない。
f:id:santarou98:20170415232047j:image

コーヒースタンド28でココアとチーズトーストをいただき、サイクリング終はり。

ブリヂストン・ダイヤモンド ツーリング

f:id:santarou98:20170311164723j:image

今年2台目の増車。ブリヂストン・ダイヤモンド ツーリング(DT-520)。フレーム番号によると1978年4月製なので1978年式。

ブリヂストンのダイヤモンドシリーズは1979年で終了し、1980年からはアトランティスシリーズとなるので最末期のダイヤモンドといふことになる。

サドルは元々革サドルだつた筈だが、軽快車の物に変更されてる。ステムにベルが増設されてるのが謎。フロントバッグ(多分FB-1)も付いてきたが、元々のグリーンが色落ちで生成りぽくなつてる上に樹脂製の開閉具のカシメが外れて革もボロボロと、流石に使ひたくない。

フレームポンプは予備に保管してたプリマスをとりあへず突つ張らせた。
f:id:santarou98:20170311164733j:image

前後ともに以前所有してた1985年式ロードマンコルモに付いてたのと同じブリヂストンネーム入りタイヤ。80年代後半から90年代初頭にお店で交換してそのままだつたものと思はれる。タイヤサイドは劣化しつつあるが溝はまだあり、そこまで乗られてゐなかつた樣子。リムはアラヤの26x1-3/8 WO。
f:id:santarou98:20170311164746j:image

ペタルは極東のトップラン。特に高級品でもなく当時のマスプロ車によく使はれてた普及車向けのペタルだが、極東がペタルの生産を辞めたいまとなつては珍しい物かも知れない。カタログ仕様と同じだが、あるはずのクリップとトウストラップは前オーナーが後年外してしまつたらしい。
f:id:santarou98:20170311164755j:image

樹脂コーティングされたボトルケージ。これとアルミボトルのセット品が当時ブリヂストンのオプション品としてあつたので、その成れの果てと思はれる。アルミボトルもあればよかつたのだが。
f:id:santarou98:20170311164817j:image

栄製のブリヂストンネーム入りクランク。クランク長165mmで歯は48x34t。カタログ仕様のまま。栄のプラメッキクランクキャップが左右とも残つてるのはかなり珍しいのではないか。
f:id:santarou98:20170311164828j:image

WレバーはサンツアーVX直付け。レバー台座はカンパ互換。
f:id:santarou98:20170311164837j:image

前後変速機も同じくサンツアーVX。三点ともカタログ仕様のまま。スプリングアウターは要交換。少し前までは入手困難だつたが、ブレーキ用のクリアアウターと共に日泉ケーブルが復刻してくれたので入手が容易になつた。
f:id:santarou98:20170311164849j:image

ハブは前後共にシマノのラージフランジ。錆といふよりも油汚れにホコリやらなにやらが付着して重なつてるぽい。
f:id:santarou98:20170311164859j:image

ブレーキレバーはダイアコンペ162G。クイックレリーズ付き穴空きにアジャスター付き。
f:id:santarou98:20170311164912j:image

片方生きてた当時もののレバーフードは流石に触りたくない。現行品の144用レバーフードを加工すれば代替できる。

f:id:santarou98:20170311164925j:image

チェンガード台座。所謂ゴム帯を付けておく所。ありがたいことにまだVIVA製で現行品がある。
f:id:santarou98:20170311164935j:image

BB裏のチェンステーブリッジにBSオリジナルの泥除け金具。
f:id:santarou98:20170311164945j:image

BSオリジナルの泥除け金具。ルネ・エルスで使はれてた菱型泥除け補強板を摸してるらしい。
f:id:santarou98:20170311164954j:image

後泥除けにはリアダイナモ用に凹みがある。泥除けは目立つた傷や凸凹もなく、ダルマネジもオリジナルのままで見た目よりも状態が良い。
f:id:santarou98:20170311165001j:image

バーエンドはブリヂストンオリジナル。カタログ仕様のまま。バーテープも40年近く前の購入時から一度も交換されてないと思はれる。片方だけしか残つてなかつたのが残念。

650Aランドナーは既にユーラシアを所持してるので増車する予定はなかつたが、ダイヤモンドとなれば確保せずには居られない。しかし所持台数が15台超となり流石にそろそろ減車を考へないといけないのだが……。

f:id:santarou98:20170311164457j:image

今年初の増車。レイダック1000(RD-1000)。おそらくレイダック初期の1987年式で初期のフルアルミフレーム。実寸CT約460mm(カタログ値だと490mmが最小)とサイズが小さめ。前オーナーの手で色々弄られてる樣子。

f:id:santarou98:20170311164553j:image
ハブにデュラエース等。詳細は雪がとけてから。

謹賀新年

https://www.instagram.com/p/BPEXKKRBVEV/

Happy New Year 2017. #Surly #Pugsley #Fatbike

年末年始は忙しく、少し時期外れの初詣。

 

f:id:santarou98:20170117060402j:image

今年初のおみくじは末吉。"旅行 よろし さわりなし"とのことでまづまづ。昨年キャンプも覚えたので、今年は隙あらば自転車旅行に積極的に挑んでいきたい。

初冬の支笏湖、丸駒温泉へ

早朝、友人に誘はれて支笏湖は丸駒温泉旅館に日帰り入浴へ、今回は真駒内から国道453号線を南へ下る経路。

市街地は積雪がなかつたものの、山中に入ると雪が薄つすらと積もり、道中で話しかけてきたおじさんに支笏湖へ自転車で行くといふと「やめとけやめとけ危ないぞ」と言はれたのも納得(一応危なさうなら引き返すとは言つた)。

f:id:santarou98:20161111162313j:image

お互ひ防寒装備は十分で問題なかつたものの、雪解け水が多く、泥除けなしの自転車では結講濡れてしまつたさうな。とはいへなんとか走れなくはない路面状態。
f:id:santarou98:20161111162329j:image

隊道屋根につらら。どの程度の寒さか想像できるでせうか。
f:id:santarou98:20161111162343j:image

支笏湖の看板辺りはそれなりの積雪で、ファットバイクで来た方がよかつたかもといふ話に。しかし我々以外にも支笏湖へ自転車で来てた猛者達を道中みかけたのが意外。

肝心の丸駒温泉旅館は日帰り入浴1000円、備へ付けシャンプー、リンス、ボディソープ有り、タオル類はなし(販売有り)。支笏湖のすぐ横で、水位と同じ深さの露天風呂が大変良く、ぬるめな温度で長くつかつて居られるが常に立つて入るので不思議な感じ。飲泉もあり、飲んでみると鉄塩つぱい。

秘湯と呼ばれるだけあつて、市街地からかなり離れてるのでそんなに人が居ないのではないかと想像してたが、団体客や日帰り客が多くあり、繁盛してる様。
f:id:santarou98:20161111162356j:image

温泉の後は館内レストランで食事、名物のヒメマス料理はヒメマスがとれなかつたので提供がなく食べることが出来ず、ブラックカレーを食す。ハヤシライスぽい味。

丸駒温泉旅館を出て東へ、休憩に支笏湖温泉街へ寄ると団体で外国人観光客が多くあり、お昼時で食事処も賑はしく、よくみると値段的には旅館内で食事するより温泉街で食事した方が割安。

その後温泉街からさらに東へ、支笏湖公園自転車道線へ合流し、千歳市内へ向ひ、千歳から札幌方面へ北上の帰路を走り。

札幌から支笏湖へ、さらに千歳を経て札幌へ戻る夏の100Km。 - 札幌自転車日記

大体以前と同じ経路なので今回も100Km程度の走行となりました。

ランドナーと折り畳み小径車でキャンプツーリング

友人が折り畳み小径車でキャンプツーリングするといふので同行。人生初の自転車キャンプツーリング。

f:id:santarou98:20161018164627j:plain

今回乗るのは御年四十歳のユーラシア号。寝袋と着替へとクッカーと食料を用意。バーナーも持つてきてた気がしてたがそもそも持つてなかつたので友人のを借りる(ごめんなさい)。マットも友人からの貰ひ物。

f:id:santarou98:20161018170619j:plain

友人のドッペルギャンガーFX。かなり手が入つてをり純正部品が殆ど無い。既に何度かキャンプツーリングを経験してるので荷物の纏め方や持ち物の選定に経験者らしい配慮を感じた。

f:id:santarou98:20161018165252j:plain

温泉巡りも兼ねたツーリング。まづは開拓ふくろふ乃湯へ。入浴料600円、石鹸はあるが、シャンプーとタオル・バスタオルはないので用意して行きませう。小さいながらも適度にぬるくて長居してしまふ露天風呂が良い。

f:id:santarou98:20161018165823j:plain

温泉を出てキャンプ地までの後半、最近遠乗りしてなかつた所爲か腿に疲れがでて、漕ぐのがしんどくなるもなんとか走りきる。

f:id:santarou98:20161018160124j:image

本日のキャンプ地、北村中央公園ふれあい広場に到着。無料な上、トイレと水道もあり、近くにはセイコマートと日帰り入浴可能な温泉旅館もあり、と、立地が良い。

立地が良ければ当然他にも家族や団体でキャンプしてる人達が居り、入口付近は騒がしいが、奥の方はテントもまばらで静か。

f:id:santarou98:20161018160153j:plain

テントを張つて、北村温泉ホテルへ。玄関正面に足湯あり。入浴料500円、備へ付けボディソープ・シャンプー&リンスあり。タオル・バスタオルは用意して行きませう。

ホテルの裏手がキャンプ場で、ホテルの表道を挟んでセイコマートがある。

f:id:santarou98:20161018160146j:image

夜食にカレーメシ。熱燗ワンカップなどのお酒もいただき就寝。

 

 

 


f:id:santarou98:20161018171850j:image

 朝は北海道限定販売なマルちゃんダブルラーメンしお。お腹も膨れた所で後片付けをして撤収。

f:id:santarou98:20161018172334j:plain

まだ薄暗い帰路を走る。明け方は寒いが、走つてると暖まるのでそれほど気にならない。

f:id:santarou98:20161018160213j:image

思ひの外疲れてたので途中コンビニで休憩。その後市街で解散。

f:id:santarou98:20161018160216j:plain

公園でひなたぼつこしてたら眠くなつたのでベンチで昼寝して帰宅。お疲れ様でした。