札幌自転車日記

札幌で(古い)自転車に乗る人の日記。

ロードレーサーで由仁町の東京ホルモンへ行きホルモンを食べて帰りに温泉に入る日帰り遠乗り

数年前に食べた由仁町にある東京ホルモンの味噌ホルモンが絶品だつたのでいつかまた行きたいと思つてたのだが、札幌市内から片道30Km程度なので自転車で行くことにした。

行程は国道274号線を東へ向かひ、千歳川を越えてから道道3号線に入りまた東へ向かひ続ける単純なもの。帰りは来た道を戻るだけ。往復約60Km。

 

f:id:santarou98:20171009010914j:image

今回の相棒はアトランティス ロードレーサー。キャンプ用具を積んで超長距離を走る訣ではなく、日帰りでなるべく軽快に走りたいので荷物は輪行用具も省いた最低限度の物をフロントバッグとツールボトルに納めた。


f:id:santarou98:20171009010933j:image

晴天に恵まれる中、久々に前52tを思ひ切り踏んで走るのは気持ちが良い。


f:id:santarou98:20171009011000j:image

無心で走つてる内に長沼へ入る。


f:id:santarou98:20171009011013j:image

ここで自転車用の鍵を忘れたことに気づき、長沼の世登サイクルにて鍵を買ふ。


f:id:santarou98:20171009011044j:image

由仁町に向ふ途中に馬追温泉旅館があるが、今回はユンニの湯を利用するので素通り。


f:id:santarou98:20171009011059j:image

由仁町に入る。


f:id:santarou98:20171009011119j:image

自転車で夕張方面を走ることはなかつたが起伏のある道が続く。とはいへ前42tでも登れる程度に緩い登りでそれほどきつくはない。他にロードレーサーに乘つて走る人もちらほら見かけた。


f:id:santarou98:20171009011133j:image

約2時間程で東京ホルモンへ到着。


f:id:santarou98:20171009011157j:image

東京ホルモンはそらちゲートエリアバイクウェイコラボレーターなるものに指定されてるさうだ。


f:id:santarou98:20171009011209j:image

なにかといふと、引つ掛け式のサイクルスタンドが用意されてるよといふことらしい。

しかし引つ掛けどころの板が縦にながくてシートポストを出してない自転車だと引つ掛け難いし引つ掛からない場合もあるので、これはパイプ製のスタンドの方が良い。


f:id:santarou98:20171009011246j:image

東京ホルモンのホルモンとサガリ1人前づつ注文。味噌ダレを付けて焼く。


f:id:santarou98:20171009011305j:image

肉が良い感じになつてきたら半人前分注文した野菜も入れて混ぜながら焼く。


f:id:santarou98:20171009011330j:image

ご飯大盛りと一緒に食べてると物足りなさを感じたのでホルモン1人前を追加注文。


f:id:santarou98:20171009011344j:image

さらに心舌1人前も追加注文してご飯と一緒に食べる。


f:id:santarou98:20171009011354j:image

最後は〆の麺1人前をホルモンの汁に絡めながら炒めてご飯と一緒に食べた。


f:id:santarou98:20171009011405j:image

デザートにアイス。これだけ食べて2000円台に収まるのが嬉しい。


f:id:santarou98:20171009011414j:image

お店の人からアンケートに答へて欲しいと渡された用紙に今回の旅の行程を記入する樣になつてたのだが、東京ホルモンへ行つてそこから温泉に寄つて帰るだけなので由仁町内は殆ど何も見ずに帰るのが申し訳ない気持ちに。

アンケートに応へると由仁町、栗山町、長沼町、南幌町のサイクリングマップを貰つた。細かく色々書いてある地図は見応へがある、が、そろそろサイクリングの季節もをはり、年内にまた来ることは恐らく無いのでこれもまた申し訳ない気持ちに。


f:id:santarou98:20171009011436j:image

ユンニの湯へ向かふ途中の坂からは丁度由仁町が見渡せた。

ユンニの湯もそらちゲートエリアバイクウェイコラボレーターなるものに指定されてるのでサイクルスタンドがあつた。

日帰り入浴料金650円。シャンプーとボディーソープ、ドライヤーは備へ付けがあり、タオル類はレンタル(370円)もある。


f:id:santarou98:20171009011503j:image

温泉からの帰り道、東京ホルモンへ行く途中に見かけて気になつてたレトロボーイコーヒーといふ喫茶店へ立ち寄つた。ゲストハウスも併設されたかはつたお店で、店内は店名のとおりなレトロな雰囲気。オリジナルブレンドのコーヒーが美味しく雰囲気も好みなので機会があればまた来たい。

 

https://www.instagram.com/p/BZ5nk_InNgu/

喫茶店を出るとすつかり夜になつてゐたので急いで帰宅。偶にはロードレーサーで走るのも良い。

釧路への輪行キャンプ旅2017年秋、2日目

f:id:santarou98:20171001084231j:image

9月23日朝。起きて寝袋から出るとお湯を沸かして作つたカフェ・ラテを飲みながら菓子パンを食べる。今日の予定を細かく決めてなかつたが、多少疲れもあつたのでキャンプ場近くの山花温泉リフレでゆつくりした後に友達と合流してご飯を食べて自転車屋巡りをする事に。


f:id:santarou98:20171001084248j:image

朝食後の後片付けをしながら周りをみるとすでに他のお客は撤収した様で誰も居ない。


f:id:santarou98:20171001084327j:image

炊事場で洗ひ物を済ませて戻る途中に小さな切り株をみつけたと思つたら大きなきのこだつた。


f:id:santarou98:20171001084341j:image

後片付けをしてテントを仕舞つて。


f:id:santarou98:20171001084415j:image

温泉へと向かふ。


f:id:santarou98:20171001084648j:image

山花公園オートキャンプ場のゴミステーションは管理棟の横に設置されてある。燃えるごみ、燃えないごみ、ビン・カン、ペッドボトルの4種類に分けて入場時に貰ふ不透明なゴミ袋に纏めて捨てる。


f:id:santarou98:20171001084745j:image

今回の旅では1970年代頃の米軍のウールズボンに拾つた巻脚絆を付けて紐無し革靴を履いた。紐無し革靴は着脱が簡便で良い、巻脚絆はズボンの裾がペタリングの邪魔にならなく、防風性もあり温かくある。因みに靴下はコストコ専売のメリノウール混毛靴下で、普通の靴下より抜群の保温性があり秋冬のサイクリング時に愛用。


f:id:santarou98:20171001084801j:image

天売島や富良野への旅ではビンディングペタルを使つたが、今回はフラットペタルに樹脂製ハーフクリップ。ペタリング効率から言へばビンディングペタルの方が僅かに効率良く感じられたが、今回の度はそれほど急ぐものではなく、自転車を降りる場面が多いのでこの装備が正解であつた気がする。


f:id:santarou98:20171001084827j:image

キャンプ場と山花温泉リフレは周りが森林の閑静な道で繋がつてあるが夜は封鎖されてをり、昨晩は通ることが出来ずに遠回りをしてキャンプ場へ入場した。

 
f:id:santarou98:20171001084849j:image

山花公園オートキャンプ場利用者であれば、入場時に記載した書類の控へを提示することで日帰り入浴料金が百円引きになるのでお得。タオル類は持参してたが、持つて入るのを忘れた爲、温泉施設内でタオルを購入。


f:id:santarou98:20171001084906j:image

サドルバッグの上に積まれたサイクルパーカー、マットに括りつけられたタオルと輪行時の荷物纏め様のコストコのショッピングバッグ。大分旅らしい裝ひ。


f:id:santarou98:20171001084921j:image

真つ暗だつた夜と比べて景色の良い北海道道835号釧路阿寒自転車道線。周りが平原なので見晴らしが良い。


f:id:santarou98:20171001084940j:image

道の横には牛小屋や


f:id:santarou98:20171001084952j:image

馬の放牧されてる場所が散見される。


f:id:santarou98:20171001085020j:image

交差点は自動車が入れない様に柵が設けられてある。北海道道835号釧路阿寒自転車道線は全線舗装されてるが、交差点では舗装されてない道と何度か交はるので注意。


f:id:santarou98:20171001085035j:image

昨晩草叢で動物の動く音に恐怖した道も昼間だと見晴らしが良いのでなんのことはない。


f:id:santarou98:20171001085046j:image

道の横には牛や馬の他に刈り取られた牧草地に點在する牧草を丸めたやつもみられた。


f:id:santarou98:20171001085103j:image

友達と合流してお昼ごはんは寿司を食べることに。回らない寿司は値が張るので釧路に本社のある、なごやか亭新川店。


f:id:santarou98:20171001085121j:image

 こぼれいくら。

 f:id:santarou98:20171001085128j:image

珍しいくじら等。腹一杯になるまで寿司を食べた。


f:id:santarou98:20171001085149j:image

食後は自転車屋巡り、ブリヂストン・レイダックのステッカーが貼つてあるお店は店主が不在の様で入れなかつたのが残念。他にも数軒廻つた後に雨が降つてきて時間もいい塩梅なので駅へと向かふ。


f:id:santarou98:20171001085202j:image

キャンピング輪行は時間がかかるが、予め余裕を持つて駅に到着したので問題なし。


f:id:santarou98:20171001085219j:image

輪行袋の左右を間違へて収まりが悪いのに気付かず無駄に悪戦苦闘したりしたものの、なんとかアルプス式輪行の完成。


f:id:santarou98:20171001085230j:image

友人とはここでお別れ、またいつか。


f:id:santarou98:20171001085243j:image

釧路駅構内でお土産物を買ひ込んだ。


f:id:santarou98:20171001085255j:image

疲れもあるのでJR車内では寝るつもりだつたが目が冴えて眠られず。


f:id:santarou98:20171001085322j:image

札幌に戻ると雨模樣で、慌ててサイドバッグにカバーを掛けたりしたが、輪行状態から走行可能状態に戻してる間に雨は止んでをり、特に濡れずに帰宅。

以上札幌から釧路までの旅行記をはり。雪が降るまでにまた機会があれば遠乗りしたい。

釧路への輪行キャンプ旅2017年秋、1日目

roadman.hatenablog.com

昨年釧路から札幌に来て一緒に走つてくれた自転車友達に会ふ為に釧路へ行く。本当は釧路まで自転車で走つて行ければいいのだが、そんなに長い休みをとれる筈もなく、行き帰りはJR輪行で泊りは現地のキャンプ場を利用する。

 

f:id:santarou98:20170930052452j:image

今回の相棒、フロント2サイドキャンピングなトラベゾーン ツーリング改650B仕様。前回の富良野旅仕様にキャンプ用具とマッキンリー(みどり製作所)の携帯リュックサックを追加。


f:id:santarou98:20170930052513j:image

9月22日早朝、始発列車に乗るので朝早く駅に着いて早速輪行


f:id:santarou98:20170930052618j:image

JRに揺られること数時間、太平洋側に出たところで写真を撮る。思へば北海道に住んでゐながら道東に行くことは殆どなかつたので、北海道で太平洋を見るのは初めて。


f:id:santarou98:20170930052641j:image

JR乗車中、自転車一式は席の前に収まつた。指定席なので特に迷惑もかからない。


f:id:santarou98:20170930052714j:image

お昼。乘物醉ひする質なのでバスやフェリーでは大体大人しく寝てるのだが、JRは振動も少ない為か割と平気で、釧路での旅程をあれこれ考へて調べ物などをしてる内に釧路駅へと着いた。 


f:id:santarou98:20170930052732j:image

駅前で輪行状態から自転車を組み立てる。


f:id:santarou98:20170930052750j:image

釧路は寒いと聞いてゐたが、この日は珍しく暖かな日であつたらしい。前日まで台風の接近が伝へられて天気も荒れ模樣だつたのが嘘の様な晴天の中を走れた。


f:id:santarou98:20170930053238j:image

おススメされてた、からす亭のカレーを食べた。歐風カレーで辛いのが苦手な自分でも食べやすく、スープと食後のアイスが無料でついてくるのが嬉しい。

店主が老齡の割に筋肉質だとは思つたがどうもボディビルダーであるらしく、半裸でポージングした写真が飾られてるのには驚いた。外に駐輪した自転車をみて興味をもつてくれた様で少し自転車の話をしてからお店を後にした。


f:id:santarou98:20170930053352j:image

交差点にあつて赤錆びて重厚な歩道橋が戦艦みたいで格好良い。

釧路は道東でも大きな街だけあつて自転車屋が意外と多くあり、自転車屋巡りを楽しんだ。


f:id:santarou98:20170930053409j:image

これもおススメされてた泉家ではスパカツを食べた。油が跳ねる位に熱々で出される事を知らなかつたので服が汚れない様に苦心して食べてると、紙エプロン使ひますかと店員さんに聞かれた時には最初に出してくれよと思はずにはをられなかつたが、美味しい。

食後に駅前で友達と合流して友達が贔屓にしてる自転車屋へ。中古自転車が山の様に積まれてあり、店内には新品未開封のブリヂストン・ロードマン(売約済)等がある。店主と話てると同じ話の繰り返しになつてしまふのはどうもボケ始めてる爲らしかつたが、乘つてきたトラベゾーンを少し見ただけで、"タイヤは26インチのオーバーサイズを履いてるなら多少荒れてても平気だね"や"フレームサイズがお兄さんには小さいけど使ひこまれてるね"などと的確に言はれて、長年自転車屋をやつてきただけあるなあと感心。

日も暮れてきて、そろそろお暇しやうかといふ前に鶴居村の無料キャンプ場に泊るつもりだと話すと、そこは遠いし道も暗いので近い方がいいと、山花公園オートキャンプ場をススメられたので素直に従ひ、友達に途中までの案内を頼むことに。

キャンプ場に電話で予約し、19時の最終チェックイン時間に間に合はず到着が20時頃になる旨を伝へると特に問題なく承諾してもらへた。途中地元のスーパーで夜食とお酒を買ひ込む。


f:id:santarou98:20170930053525j:image

山花公園オートキャンプ場までは北海道道835号釧路阿寒自転車道線といふサイクリングロードを走るのだが、市街地を抜けると休憩所以外は周りに何もなく街灯が一切ないので昼間はともかく夜はかなり暗く一人で走るのはかなり勇気がゐる道。

友達の話によるとキツネだけでなく鹿も出るらしい。


f:id:santarou98:20170930053539j:image

一般道との交差点では街灯があるところもあるのだが、基本的には真つ暗。


f:id:santarou98:20170930053553j:image

夜はかなり冷えて昼間と寒暖差があつた為か、頻繁に霧が出て、ホラーゲームによくある辺り一面ドライアイス焚いた様な景色になる上に、道路脇の平原の草叢から動物が動く音が聞こえると怖くて堪らない。

キャンプ場手前で目の前を音もなく鹿が横切つた時は驚いて急停止してしまつた。


f:id:santarou98:20170930053609j:image

色々あつたが20時前にはキャンプ場へ着く。入場料とフリーテントサイト利用料合はせて1990円也。


f:id:santarou98:20170930053829j:image

暗い中テントを張るのには時間がかかる……単にポールを一個挿し忘れてテントが上手く立たないのに気づくのが遅れただけなのだが。

近くにはバイクツーリングをしてる人が最近廉価でも作りがそれなりなことで有名なネイチャーハイクのテントを立ててある。


f:id:santarou98:20170930053843j:image

夜食は阿寒豚じんぎすかんともやしの炒め物。


f:id:santarou98:20170930053900j:image

ジンギスカンを肴にお酒を飲む。

夜はかなり冷えるので寝袋にシュラフカバーをして就寝。1日目をはり。

富良野への150Km、往復300Kmを走る夏

roadman.hatenablog.com

前回は国道12号線から桂沢湖経由での富良野行きだつたが、

  • 山越えでの登りがキツい 
  • 途中の隧道に歩道がない
  • 休憩場所(コンビニや道の駅)が少ない

といふのと、到着が遅くなつて目当てのご飯が食べられなかつたので、今回は前日夜に出発して翌日朝富良野に着いて目当てのご飯を食べる事を目指す。そして帰りも自走予定。

今回の行程。

前回と同じく札幌から国道12号線を北上するが、桂沢湖へは行かず、滝川まで行つてから国道38号線に合流して富良野を目指す約150Km(ルートラボの地図では都合で実際の出発地点とは異なる場所を選んでるため爲、距離に誤差がある)を往復で約300Km。

f:id:santarou98:20170829121424j:image

今回の相棒、フロント2サイドキャンピングなトラベゾーン ツーリング改650B仕様。当初は軽快なワイルダム・パッカーを使ふ予定だつたがまだレストアがをはらないので、前回の天売までの旅に引き続き使ふ。

キャンプ用具は降ろして、サドルバッグサポーターとサドルバッグを付け、フロントバッグは小振な物と交換。サドルバッグには輪行袋と食糧。フロントバッグには地図と携行食(ブラックサンダー)、粉末カフェオレ、タオル類。サイドバッグには片方に輪行用品と炊事道具、片方に日焼け対策のカバー類と食糧。
f:id:santarou98:20170829121451j:image

27日22時半出発、国道12号線の夜。江別を過ぎると街燈が減り、かなり暗くなる。岩見沢の辺りで気温は17度。
f:id:santarou98:20170829121529j:image

日付がかはつて28日の1時三笠の道の駅で休憩。コンビニや温泉(日帰り入浴受付22時まで)が併設されてるので夜でも便利。
f:id:santarou98:20170829121543j:image

さらに足を伸ばして3時前に奈井江の道の駅。三笠とは違ひ、自動販売機位しかなかつたがそれでも他の道の駅と同じく24時間開いてる便所があるので休憩に良い。温度計があつたので気温を確認すると11度。肌寒い感じはしてたがもう秋。
f:id:santarou98:20170829121606j:image

奈井江を過ぎると市街地や信号付近以外は街燈がないので自転車前照燈が重要になつてくる。愛用してるキャットアイHL-EL540はローモードでもかなり明るい(実際は写真よりも明るい)。
f:id:santarou98:20170829121735j:image

一方ナショナルの自転車用FF-199S懐中電灯。予備に付けてるがHL-EL540と比ぶべくもない(とはいへこちらも実際は写真よりも明るい)。
f:id:santarou98:20170829121807j:image

砂川の辺りで爪先が冷たいと感じてよくみるとビンディングシューズが結露してをり、フロントバッグのマップケースも結露。
f:id:santarou98:20170829121857j:image

砂川の北泉岳寺には赤穂浪士の墓(骨ではなく泉岳寺赤穂浪士の墓の土が入つてるらしい)がある。
f:id:santarou98:20170829121911j:image

滝川の辺りで空が明け始めた。
f:id:santarou98:20170829121929j:image

5時前。滝川のコンビニで休憩後、日が昇り朝になるが曇り空。
f:id:santarou98:20170829121941j:image

大体100Km。前回の往復と合はせて総走行距離400Kmとなる。
f:id:santarou98:20170829122023j:image

茂尻か平岸の辺り、多分田園風景が続く。
f:id:santarou98:20170829122044j:image

赤平のエルム高原オートキャンプ場へ行く手前にある城。今から10年ほど前に倒産した人形屋のショールームとして建設されたものの現在では放置されてる。
f:id:santarou98:20170829122200j:image

赤平市街を高台より望む。とにかくあちこち靄がかつてをり幻想的な風景となつてゐた。
f:id:santarou98:20170829122212j:image

赤平辺りの橋の上で雲の切れ間から昇つた太陽が拝めた。以降は終始曇り空。
f:id:santarou98:20170829122242j:image

6時半、芦別の道の駅。まだ早い時間なので売店がどれも開いてをらず、自販機と便所しかない。
f:id:santarou98:20170829122407j:image

物凄い靄のかかり樣で少し先が雲に沈んでる様にも見える。
f:id:santarou98:20170829122447j:image

7時半、野花南の辺り。途中閉校した小学校等があるが、周りに農家位しかない山道が続く。
f:id:santarou98:20170829122455j:image
野花南隧道。歩道があまりにも狭く、車道も自転車で走れる雰囲気ではないので、仕方なく反対側の歩道を走つた。長さ1Km程。
f:id:santarou98:20170829122543j:image
野花南隧道を過ぎて少し行くと奔茂尻隧道。長さ500m程度。
f:id:santarou98:20170829122622j:image

隧道二本過ぎると滝里湖と呼ばれるダムに出る。元々あつた滝里町が一部沈んであり、奔茂尻隧道を出てすぐ横にはかつて町にあつた神社等が移設されてあり往時を忍ばせる。
f:id:santarou98:20170829122638j:image

9時前、富良野に入つた。

f:id:santarou98:20170829122650j:plain

大体150Km。前回の往復300Kmと合はせて総走行距離450Kmとなる。

f:id:santarou98:20170829122802j:image

10時頃、目当てのお店に向ふ。カフェの併設された陶器ギャラリー野良窯
f:id:santarou98:20170829122811j:image

前回来た時は味はふことの叶はなかつたカレーを食べる。大正時代のカレーのレシピを元にした大正のルーカレー(サラダ付き)。ルーカレーでありながらとろみが少なく、スープカレーに近い感じ。

前に来たのは3年前のことで、流石に忘れられてると思つてたが、なんと覚えてをられて、話が弾み遂々長話に。

f:id:santarou98:20170829122820j:plain

アトランティス・キャンピングを入手したのでレストアしたいといふ話をすると、では乘つてみませんか?と、試乗させもらつた。ランドナーをキャンピングに仕立てたトラベゾーン改とは別次元の抜群の直進安定性。

他にも色々レストア絡みで話を聞いてもらつたり、話を聞かせてもらひ、レストア欲が強まる。
f:id:santarou98:20170829122851j:image

13時頃店を出て富良野からの帰り道、奔茂尻隧道では工事が行なはれてをり、片側交互通行となつてゐたので、自動車を気にすること無く思ひ切り隧道内を走れた。
f:id:santarou98:20170829122909j:image

赤平辺りで今回の総走行距離200Km超。
f:id:santarou98:20170829122925j:image

お腹が空いたので途中で炊事。カレーメシ。
f:id:santarou98:20170829122934j:image

袋乾麺。
f:id:santarou98:20170829123013j:imageカフェオレで〆。

美唄で名物のとりめしを食べるつもりだつたが、間に合はず、そのまま三笠まで行つて道の駅に併設された温泉へ入り、1時間程くつろぐ。

その後また走り始めたが不眠で走り続けるのは流石に辛く、岩見沢を過ぎた辺りから途中で何度か我慢できずに道の脇で立つて仮眠したものの、そのまま朝まで寝るわけにも行かないのでなんとか走り、帰宅したのは日付がかはつて29日2時。そのまま便所へ入つて気づいたら便座に座つたまま2時間寝てをり、このままではまづいので布団に入つて寝た。

以上札幌から富良野往復300Kmを丸一日近く走る旅行記終はり。

WILDOMグッズ紹介 ワンマンテント

主に1980年代にブリヂストンサイクルが展開してゐた総合アウトドアブランドとしてWILDOM(ワイルダム)があつた。ブリヂストンサイクル特約店の中でもワイルダムストアとなつた自転車店だけで扱はれてたらしく、自転車の他にも自転車旅行向けにアウトドアグッズを扱つてをり、間口を広げるのに意欲的だつたブランドと言へる。当時としては扱つてる商品が高価であつたこと、程なくしてATB(MTB)やロードレースの流行があり、自転車旅行が廃れていつたことなどから1990年を迎へる前に終了したらしい。

そんなWILDOMに興味があり、WILDOMの自転車(ワイルダム・パッカー)を入手しただけではなく、グッズも収集してそれなりに集つてきたので紹介していく。今回は前回の旅でも使用したワンマンテント。当時の価格は12000円。

blogs.yahoo.co.jp

ワンマンテントを紹介してる記事があつたが実際に使用して紹介してる記事は見当たらなかつた(約30年前のテントなので当たり前か)。
f:id:santarou98:20170827005555j:image

専用袋に収納した時の大きさはだいたい寝袋の下に敷く折り畳みマットの畳んだ時と同じ位。重量は2Kgもなかつた筈。

f:id:santarou98:20170827003401j:image

厚紙の取扱説明書によれば太陽工業製であることがわかる、因みに現在太陽工業は業務用大型テントしか扱つてない。

f:id:santarou98:20170801040757j:plain

横幅と縦幅がワンマンテントに丁度良く安価だつたので、グランドシートには軽量薄手なGEER TOPのシート(Largeサイズ)を使つた。

f:id:santarou98:20170801040836j:plain

付属のグラスポールを継ぎながらワンマンテント上のスリーブに通していき、ワンマンテント本体を自立させてペグを打つ。ペグ打ちの為だけにハンマーを持つてくるのが面倒だつたので全て手で地面に押し込めたが問題なかつた。

f:id:santarou98:20170801040945j:plain

最後にフライシートを被せてこれもペグを打てば出来上がり。

 f:id:santarou98:20170827003301j:image

ワンマンテント内部。下はブルーシート地で他は撥水性のあるターポリンぽい素材で出来てをり、空気通り抜け用の穴が上の方に空いてる。

f:id:santarou98:20170827003427j:image

中に寝袋用のマットを敷しいてもかなり余裕がある。詰めればギリギリ2人で寝ることもできるだらう。

f:id:santarou98:20170801233959j:plain

寝袋を敷いて荷物を全部入れた状態。かなりゴチャゴチャしてるがこれでもまだ荷物を置ける余裕がある。このテントで三日間の自転車旅行中二晩過ごしたが、虫の多いキャンプ場で蚊の対策を怠つた為に蚊に沢山刺された以外は特に問題なく快適に過ごせた。

古い物ではあるが、必要十分なのでこれからも自転車旅行に活用していく。

札幌から羽幌(天売島)への200Km、3日間キャンプツーリング2017年夏、3日目

f:id:santarou98:20170803234754j:image

24日の朝。天売島キャンプ場。曇りだが、天気は悪くない。帰宅方法は考へてないが、自走か輪行の二つに一つ、輪行するにしてもまづは駅のある留萌まで行かなくてはいけない。
f:id:santarou98:20170803234816j:image

朝はやきそば弁当。スープが美味しい。
f:id:santarou98:20170803234833j:image

朝はラーメン。
f:id:santarou98:20170803234921j:image

朝はカフェ・ラテにドラ焼き。朝は三食食べて昼と夜を減らす作戦。
f:id:santarou98:20170803234943j:image

天売島キャンプ場のゴミステーションが分り難いが、海の宇宙館の裏手にある木箱がそれ。
f:id:santarou98:20170803235003j:image

燃えるゴミ、ビン・カン・ペットボトル、燃えないゴミに分けて捨てる。捨てたゴミはキャンプ場を管理してる天売島おらが島活性化会議が回収してるさうだ。
f:id:santarou98:20170803235111j:image

午前のフェリーまで時間があるので島内一周。キャンプ場から赤岩方面へ向ひ、一番登りがキツい坂を超えた所。
f:id:santarou98:20170803235128j:image

赤岩にて自転車を置く。
f:id:santarou98:20170803235150j:image

赤岩。
f:id:santarou98:20170803235221j:image

数年前に来た時に友人達と自転車を置いた場所は草で覆はれてた。
f:id:santarou98:20170803235247j:image

赤岩近くには水洗公衆便所がある。しかし故障してをり、用を足しても水で流せない上に手洗ひの際も水を使へないので手洗ひ用の水が用意されてる。
f:id:santarou98:20170803235617j:image

千鳥ケ浦園地までの道。崖の上の細い道を辿る。
f:id:santarou98:20170803235635j:image

道の先には観察小屋がある。
f:id:santarou98:20170803235653j:image

千鳥ケ浦園地観察小屋の中には望遠鏡が1つ備へつけられてをり、海鳥の観察が出来る。
f:id:santarou98:20170803235715j:image

観音岬園地。
f:id:santarou98:20170803235757j:image

道中坂の上より焼尻島を望む。
f:id:santarou98:20170803235811j:image

下り坂。自転車で島を一周しつつ全部ではないが色々見て回ると約一時間かかつた。他も見て回るならもう少しかかるだらう。ただ一周するだけなら約三十分程度。f:id:santarou98:20170803235827j:image

キャンプ場に戻り、荷物を纏めてテントを畳んで帰りのフェリーへと向ふ。
f:id:santarou98:20170804001414j:image

フェリーターミナルで羽幌への切符を買ひ、昨日羽幌で往復の輸送料金を払つてあるので、その旨を窓口で説明して羽幌への荷札を貰つて付けて自転車を預ける。

自転車で島に来る人が複数人になることもさうないらしく、切符を買ふ際に説明しなくても荷札を用意してくれてる場合が多いが、念のため説明しやすい様に輸送料金の領収書を取り出しやすくしておくのが良い。

f:id:santarou98:20170803235853j:image

お土産等を買つて天売を去る。また来年のウニ祭りに今度こそは間に合ひたい。
f:id:santarou98:20170804001440j:image

港のお土産屋で買つたタペストリーと旗、大型の旗はこれが最後の在庫となるさうで、希少。
f:id:santarou98:20170804001500j:image

キーホルダーの付いた小冊子風小錢入れ。
f:id:santarou98:20170804001514j:image

コインキャッチャーとかスライドとかいはれる型。100円、50円、10円を収納できる。衝動買ひしたが他の小銭が入らないので使ふ機会はないかも。
f:id:santarou98:20170804001534j:image

羽幌に戻り、フェリーターミナルにて沿岸バスの観音崎らいな缶バッジを入手。因みに紛らはしいことに天売島には観音と観音があるのだ。
f:id:santarou98:20170804001631j:image

羽幌のコンビニで食事。ウニ祭りが目的で始まつた旅だつたが、今回ウニを食べる機会は遂になかつた。
f:id:santarou98:20170804001650j:image

苫前の道の駅近辺。風車の見える道は自転車とあはせると良い絵になるが、夏は交通量が多いのでスタンドのない自転車だと撮影のために停車してられない。
f:id:santarou98:20170804001717j:image

小平の鰊番屋で小休止。
f:id:santarou98:20170804001741j:image

旅始めと比べると大分旅臭く?なつてきた自転車。
f:id:santarou98:20170804001805j:image

小平トンネル。留萌側から行くときは歩道も広くて問題ない。
f:id:santarou98:20170804001834j:image
しかし羽幌側から入ると歩道が留萌側の半分程しかないので横幅のあるキャンプ裝備の自転車で通るとかなり緊張する。反対側の歩道をいけばいいかもしれないが、対向車があるかもしれない事を考へると厳しい。
f:id:santarou98:20170804001904j:image
影を慕ひて。
f:id:santarou98:20170804001916j:image
留萌駅に付いた。自走もいいが、山の中で夜走になりさうなので札幌まで輪行することに。
f:id:santarou98:20170804001928j:image
輪行ビフォー。
f:id:santarou98:20170804001944j:image
アフター。バッグを纏めたり、リアキャリアを外したりで一時間程度かかつた。今回もアルプス式輪行
f:id:santarou98:20170804002017j:image
ホームまで持つて行く。

輪行状態にしたのが18時過ぎだつたが、次の列車が最終便で20時過ぎ。輪行状態にした自転車を持つてどこかに行く訳にもいかず、椅子の無いホームで時間まで列車を待つ。
f:id:santarou98:20170804002029j:image
鈍行列車が到着。自転車を運び入れる。
f:id:santarou98:20170804002042j:image
乗客の乗り降りもないだらうからここでいいよと乗務員さんにいはれたので、出入り口近くに自転車を置かせてもらつた。他に乗客は旅行客と鉄道写真好きが数人づつ。深川まで何度か駅に停まつたが誰も乗り降りせず。
f:id:santarou98:20170804002056j:image
深川で乗り換へ、自転車と荷物を持つて隣のホームまで階段で移動。
f:id:santarou98:20170804002114j:image
とにかく重い。
f:id:santarou98:20170804002143j:image
深川からは特急列車。座席後ろに自転車を置いて他の客の邪魔にならない様に。
f:id:santarou98:20170804002203j:image
小一時間で札幌駅に着。自転車を持つて出口まで行く、途中のエレベーターがありがたい。
f:id:santarou98:20170804002215j:image
輪行解除ビフォー。
f:id:santarou98:20170804002223j:image
アフター。後は自宅まで自走するだけ。
f:id:santarou98:20170804002237j:image
帰宅途中に総走行距離300Km突破。
f:id:santarou98:20170804002243j:image
おまけ。天売島限定のお菓子。

以上札幌から羽幌(天売島)までの旅行記をはり。また機会があれば遠乗りしたい。

札幌から羽幌(天売島)への200Km、3日間キャンプツーリング2017年夏、2日目

7月23日朝、一夜明けた望洋台キャンプ場。まだ靄がかかつてる。
f:id:santarou98:20170801045834j:image

朝はラーメン。SOTOのフィールドホッパーは値が張るが、畳めばかさばらないし大きさも適当で良い。

f:id:santarou98:20170801045910j:image

荷物を纏めてテントを畳んで自転車にバッグを取り付けてゐると、後ろにつけたフロントキャリアが曲がつてるのに気づいたので曲げ直さうとしたら足が片方折れた。
f:id:santarou98:20170801045934j:image

応急処置として折れた足を紐で結束。さらに上からサドルバッグと荷物ごと後ろにつけたフロントキャリアを荷造り紐でシートステーに縛る。代替リアキャリアを探して交換したいが、田舎の自転車屋ではみつかる可能性が低いのでとりあへずこのまま旅を続ける。
f:id:santarou98:20170801050011j:image

キャンプ場から下界を見下ろす。公道自動車レース漫画に出てくる峠道みたいな曲道坂。キャンプ裝備だと本当に登りがキツいので自転車では来ない方がいい。
f:id:santarou98:20170801050321j:image

キャンプ場を出て暫く走ると小平の道の駅である鰊番屋。売店の開店直後で、土日限定の小平バーガーを販売してるとのことだつたが、開店してから30分しないと仕込みをはらないとのことで、食べることができなかつた。代はりにフォカッチャドッグを食す。 

f:id:santarou98:20170801050452j:image

鰊番屋を出て苫前方面へ暫く走ると怪しい民家がある。
f:id:santarou98:20170801050518j:image

とにかく恐ろしげな文言の書かれた自作看板がいくつもたててある。
f:id:santarou98:20170801050544j:image

監視カメラらしきものもあり。
f:id:santarou98:20170801050832j:image

道路を挟んで向ひ側にも自作看板。田舎だと珍しい光景。
f:id:santarou98:20170801050904j:image

さらに走つて苫前町役場前のオブジェ。バイク旅人に人気で、写真撮影してる間も町役場に停車して撮影待ちのバイク旅人が数人居た。
f:id:santarou98:20170801051013j:image

苫前町役場から少し走るとある民家。浮き球を使つたオブジェを置いてる。少なくとも十年以上前からやつてる筈。一組だけ夫婦らしきオブジェがあるが製作者夫妻のものだらうか。f:id:santarou98:20170801051035j:image

羽幌。午前のフェリーには間に合はず、午後のフェリーで行くとウニ祭りは丁度をはりの時間なので、目的の1つだつたウニ祭りへ行く事ができなくなつた。残念。
f:id:santarou98:20170801062339j:image

午後のフェリーまで時間があるので羽幌道の駅近くにあるおろろん食堂で醤油ラーメンを食べる。
f:id:santarou98:20170801062407j:image

羽幌道の駅になつてるホテル名物のエビタコピザ。
f:id:santarou98:20170801062433j:image

羽幌道の駅近くにあるTIARAのソフトクリーム。

念のためリアキャリアを探しに行つた羽幌の自転車屋は日曜日だからか閉店してたので島からの帰りにまた寄る事に。

f:id:santarou98:20170802002208j:plain

数年前に場所を移して建物も新しくなつた羽幌フェリーターミナル。
f:id:santarou98:20170801062458j:image

羽幌フェリーターミナル近くにある、土産物屋きたるにて購入した天塩のマスカットサイダー。
f:id:santarou98:20170801062529j:image

そんなこんなでいつの間にか総走行距離227Km。
f:id:santarou98:20170801062714j:image

フェリーターミナルでフェリーの切符を買つて、自転車を預ける旨を伝へて往復分の車両輸送料金850円x2の1700円を支払ひ、荷札を貰つて自転車に荷札を付けて係りの人に預ける。自転車はフェリーの車両甲板の壁に立掛けて傷つかない様に毛布で養生して停めてくれる。降りる際は他の自動車が全部降りてから毛布を外してもらつて、車両甲板からそのまま降りる。

輪行袋に収めて船内に持ち込めば車両輸送料金を取られることもないのだが、輪行するのが面倒なので楽をした。
f:id:santarou98:20170801231807j:image

フェリーから羽幌港を望む。夏といふ感じの晴れた空に白い雲。
f:id:santarou98:20170801232017j:image

船内では.TEPPEN_Free_WiFiなるフリーWiFiが利用可能。最下層船室では電波が届かなかつたが、中ほどの船室なら問題なく使用できた。他に各船室にコンセントがあり、電気機器の充電に利用できる、が、コンセントの利用は早い者勝ちなので混み合つてる時は早めに確保したい。最下層船室が狙ひ目。
f:id:santarou98:20170801232056j:image

焼尻を経て天売島。船醉ひする質なので毎回フェリーに乗ると島に着くまでずつと寝てゐる。
f:id:santarou98:20170801232140j:image

天売島フェリーターミナルに併設された観光案内所にてキャンプ場の受付を行なつてる。ウニ祭り等でキャンプ場が混みさうな場合は事前に観光案内所へ電話で確認しておくのが確実だらう。料金はテント持ち込みで一泊500円。貸テントや炭焼台のレンタルもある。料金を払ふことで宿泊施設の空いた時間に風呂への入浴も可能だが、今回はウニ祭りがあつた為、宿泊客が多く風呂の空き時間がないとのことで断られた。

因みに港の食堂は営業時間が11時から14時までと短く、午後のフェリーで来た場合は閉店後になり利用することができなくなつてしまふので注意されたい。島の食堂は恐らくここ以外にはなく、お腹が空いたら2軒ある商店のいづれかで何か買つて食べることになる。
f:id:santarou98:20170801232326j:image

おろろんレンタルの二階にある天売郷土資料館をみてきた。

f:id:santarou98:20170801232416j:plain

かなり雜多な様子。
f:id:santarou98:20170801232453j:image

島民の不要物を引き取つて大雑把に分別して展示してる様。中には以前島に長くあつたものの何年か前に閉館した田中旅館に飾られてたカニや小判があつた。他には改築前の学校から柱(!)や教材を引き取つて展示されてる。かなり面白い空間である。簡単な解説が貼り付けられてるものもあつたが、できれば詳しい人に解説して欲しい。
f:id:santarou98:20170801232529j:image

海の宇宙館の裏手がキャンプ場で海の宇宙館前の駐車場を海の宇宙館と共用。芝生は刈つてから少し経つてるのか少し長めで露に濡れて湿つてた。テーブルや椅子は海の宇宙館のカフェ用なので利用不可。テントはテーブルや椅子より奥に張つてくれとのこと。
f:id:santarou98:20170801232558j:image

海の宇宙館からみて左手の手前に水場、奥に簡易トイレ(水洗)がある。
f:id:santarou98:20170801232647j:image

水場には電灯が設置されてあり、夜には自動的に点灯して点いたままになる。共用?のクレンザーとバケツが置いてあつたが今回は利用しなかつた。蛾やら何やら虫が槽内にたくさんあつたがこれは仕方がない。

キャンプ場の電灯は水場に設置されたもの1つだけで他にはない。
f:id:santarou98:20170801232723j:image

水場と簡易トイレの間は湿地で通る事ができないので、水場から簡易トイレに行く際は大きく迂回して行かなくてはいけない。また、高く草が生えてる辺りも湿地なので注意されたい。

簡易トイレは和式で、中には自動点灯する電灯がある。
f:id:santarou98:20170801232815j:image

キャンプ場に点在してる写真が掛けられた白い壁の1つにテントを張つた。今回は他に老夫婦がキャンプしてるのみ。

テントを張つてから自転車で島を軽く見て回る。
f:id:santarou98:20170801232921j:image

海龍寺。現在は無人の寺だが以前は住職がをり、今は知らないが葬式もここで行なはれる事があつた様だ。
f:id:santarou98:20170801232946j:image

寺にあつた石碑。故陸軍砲兵二等卒浜谷金次郎君之墓、明治三十三年一月十五日天賣村一同とある。時期的に日清戦争で亡くなつた人のものだらう。
f:id:santarou98:20170801233005j:image

これも寺にあつた石碑。長谷川才兵衛之碑とある。寺の建物近くで柵で囲はれてあり、大人物であつた事が窺はれるが詳細は不明。
f:id:santarou98:20170801233020j:image

昭和十五年十一月建之とある。親族一同で建てたらしいが長谷川才兵衛とは一体何物なのか、機会があつたら調べたい。
f:id:santarou98:20170801233106j:image

天売島の厳島神社。広島にある厳島神社から分霊を勧請し祀つた分社だらうと思はれるが詳細不明。f:id:santarou98:20170801233139j:image

明治二十九年六月にこの辺りの住人より奉納されたとある。手水舎の成れの果てと思はれる。
f:id:santarou98:20170801233202j:image

拜殿周り。
f:id:santarou98:20170801233251j:image

狛犬には天賣村八番地支配人佐藤平吉外船中一同とあり、裏には大正三年三月吉日とある。
f:id:santarou98:20170801233327j:image

左右の狛犬で文字が左右対称になつてるが興味深い、他の神社もかうなんだらうか。
f:id:santarou98:20170801233401j:image

賽銭箱が見当たらなかつたが、拜殿にある小さな扉から入れる様になつてた。
f:id:santarou98:20170801233440j:image

実は拜殿の左手に道がある。

f:id:santarou98:20170801233450j:plain

途中木が倒れてた。
f:id:santarou98:20170801233521j:image

拜殿左手を進むとまた石碑がある。
f:id:santarou98:20170801233558j:image

英霊芳名の碑。
f:id:santarou98:20170801233637j:image

裏には平成六年八月吉日天売社会福祉協議会施工とある。
f:id:santarou98:20170801233654j:image

忠魂碑。陸軍大将子爵大迫尚敏書とある。

f:id:santarou98:20170801233718j:image

石工館岡善蔵、大正六年十一月建之とある。

大迫尚敏は日露戦争時陸軍中将として北海道の師団である第七師団の団長であつたので、その関係からの揮毫だつたのだらう。建立時期からして当初は日露戦争の戦死者を稱揚する為の石碑だつたと思はれるが、英霊芳名の碑に書かれた名前に海龍寺に石碑のあつた日清戦争で歿したと思はれる浜谷金次郎の名前があることから、現在では日清日露以後の戦争で亡くなつた人も含めて稱揚してるらしい。
f:id:santarou98:20170801233756j:image

忠魂碑の右手にも道がある。
f:id:santarou98:20170801233821j:image

沢から湧き水を通してるホースあり。
f:id:santarou98:20170801233840j:image

よくわからないところに出た。沢の上の小さな丘に何かを建てたものらしいが、殘骸しかないので詳細不明。虫が多いので写真撮影して早々に立ち去つた。
f:id:santarou98:20170801233942j:image

商店で朝食夜食とツマミと酒を買ひ込んでテントに戻ると夜。
f:id:santarou98:20170801233959j:image

初日では紹介してなかつたが寝袋はモンベルダクロンシュラフ。ワイルダムの寝袋があればよかつたがみつからないので、ワイルダムの寝袋と同じダクロン素材の1980年代頃の寝袋を探してきたのだ。
f:id:santarou98:20170801234019j:image

恐竜の玉子となつてるが、中は懐かしのおつぱいアイス。
f:id:santarou98:20170801234056j:image

ホルモンともやしを買つて来た。
f:id:santarou98:20170801234132j:image

風が強いので風除けを使つて調理。
f:id:santarou98:20170801234151j:image

ホルモンの炒め物の出来上がり。酒に良く合ふ。
f:id:santarou98:20170801234212j:image

〆に熱燗を作つてちびちび飲んで就寝。