札幌自転車日記

札幌で(古い)自転車に乗る人の日記。

バーレートラヴォイのスタンドと締結部の修理

f:id:santarou98:20200708011941j:image

以前から興味のあつたバーレートラヴォイを中古品で入手した。


f:id:santarou98:20200708012004j:image

本体を折り畳み車輪を外す等の機能に問題はなかつた。


f:id:santarou98:20200708011600j:image

スタンドの先のゴムがなく、先端が歪な形に削られてたのでホームセンターにて近い径のゴム足を入手して厚手の両面テープで包んだ先端に取り付け。


f:id:santarou98:20200708011839j:image

さらにスタンド自体が機能してないとの由、調べてみるとスタンド締結部の裏表が反対に付いてた為にスタンドのストッパーが利かずに立たせるとすぐに折れてしまふといふだけだつた。締結部のネジ留めを外して裏表を正しく取り付けてスタンド機能は問題なし。

 

 

 

それからしばらく使つてるとトレーラー本体と自転車を繋ぐ締結部が破断した。元々締結部にヒビがはいつてた(当初はさういふ仕様だと思つてたが前所有者が壊したらしい)ので寿命だらう。

 

item.rakuten.co.jp

 

通販で交換部品を取り寄せたが、トラヴォイの新型が出た所爲か通販サイトの在庫が僅少となつてる様。

 

f:id:santarou98:20200708011635j:image

トラヴォイの締結部(フレックスコネクター)はトレーラー本体から伸びたパイプの先端に差し込んでネジ留めされてあるが、ネジ留め箇所はスポンジカバーで隠されてあるのでそれを剥ぐ、ネジ留め箇所は六角穴ボルトとプラスネジで留められてる上に緩み止めが塗布されてる為にかなり外し難い。

 

f:id:santarou98:20200708011726j:image

f:id:santarou98:20200708011748j:image

外した締結部。片側の六角穴ボルトはいいが、プラスネジがともかく舐めやすいので、しつかりとしたプラスドライバーで固定して長い六角レンチをパイプで延長してその先をハンマーで撲つて緩んだプラスネジの頭をプライヤーで挟んで固定し、六角レンチを回して外した。

 

f:id:santarou98:20200708011802j:image

破断した締結部をみてもわからないが、締結部には上下があり、丸く凹んでる方が下を向く様に付けるのが正しい。


f:id:santarou98:20200708011822j:image
後は新品の締結部をトレーラー本体から伸びたパイプの先端に差し込んでネジ留めして終はり。その後何度か使つたが特に問題なし。これから存分に活用していく。

リヤエンドの差し替へ

結局折れてたエンドはフレームを持ち込んで旭川のエゾサイクルに修理依頼。店を閉める冬の間に修理が完了して取りに行つたのが昨年の春先。

 

f:id:santarou98:20200418190506j:image

右のエンドを取り外して別のエンド(リッチーのストレートドロップエンド)が取り付けてある。ダボも追加して削り込んで前のものに形を合はせてくれたらしい。


f:id:santarou98:20200418190513j:image
エンド形状は元々付いてたサンツアーエンドと比べて小ぶりでスッキリ。

別に頼んではなかつたが、サビのあつたBBのネジ山も軽くサラッてあつたりエンド幅も指定通りできつちり平行を出してあり満足度が高い。

気になる修理費用は45000円。これを安いとみるか高いとみるかはあなた次第……。

ブリヂストン・ユーラシア ディアゴナール

f:id:santarou98:20200418211922j:image

ワイルダム パッカーを弄るのに手持ちの部品を漁つてると昨年春頃買つたのを忘れて放置してたユーラシア ディアゴナール最終型を発掘したので同時に弄つて居た。


f:id:santarou98:20200418211943j:image

弄つてる内に何かに使はうとして購入してたパナソニック700C用の輪行用泥除けがサイズ530のワイルダム パッカーにはそのままでは付かなかつたが、元々大きいフレームサイズ向けの泥除けだつたのか、サイズ560ユーラシア ディアゴナールには少々の調整で取り付けられたので、パッカーは後回しでディアゴナールを走行可能に仕立てる事とした。


f:id:santarou98:20200418212014j:image

ブリヂストンサイクルのツーリング車用フロントキャリアが余つてたので取り付け。専用品なので変に弄らなくてもフォークのフロントキャリア用ダボとフォーク貫通穴で無理なく固定。

前泥除けはフォーク下吊り金具とフロントエンドダボだけでではなく、フロントキャリアにも固定して走行時のガタツキを抑へる。

後泥除けはエンドダボとシートステーブリッジ下とチェンステ―ブリッジ下で固定。


f:id:santarou98:20200418212055j:image

1988年式ユーラシア ディアゴナール(EAD-560)、変速周りはSIS化する手前のシマノのNew 600EX(6200)で後のアルテグラ

1989年にアトランティスとユーラシアは統合されてトラベゾーンブランドとなる為、今回組んだのはユーラシア ディアゴナール最終型といふ事になる。

歯数は前50-42-32tの後14-28t。元は後ろ14-24tだがワイルダム パッカーから前後車輪を移植、フリーも登坂を考慮してパッカーの14-28tまま。後変速機がロングケージなので28tに換装後もチェンとワイヤー交換のみで無理なく変速可能。

ジオメトリは同年式スポルティーフと概ね同じだが、比べるとディアゴナールはハンガー下がりが5mm低い。

他にスポールティーフだとブレーキはセンタープルで電装はバッテリーライトのみだが、ディアゴナールはブレーキがカンティ(前DC960後DC981)で電装はリアダイナモでフロントキャリアから伸びたライトを光らせると言つた違ひがある。

今回組むにあたりダイナモは廃してバッテリーライトを使用するものとした。


f:id:santarou98:20200418212123j:image

パナソニック輪行用泥除けはシートステーブリッジ下と


f:id:santarou98:20200418212148j:image

チェンステ―ブリッジ下で固定された金具に付いた六角ボルトを


f:id:santarou98:20200418212205j:image

アーレンキーで緩めて外すことで分割することなく後ろ泥除けを全て外すことが出来る仕組みとなつてある。


f:id:santarou98:20200418212229j:image

ブリヂストンサイクルの場合だとチェンステ―ブリッジ下は泥除けを挟んで固定する金具があり六角ボルトを緩める必要がないのが違ひだが、パナソニック輪行用泥除けの方がガタツキが少なく固定力はある。


f:id:santarou98:20200420060927j:image

走行可能まで組み上がつて軽く試走したので、早速フォーク抜き輪行を試してみた。


f:id:santarou98:20200420060954j:image

フレームサイズが大きい為、マチに余裕の無い古いランドナー輪行袋だと収まるがギリギリ。マチに余裕のある近年のランドナー輪行袋や類似品なら問題なく収まるだらう。

ブリヂストン・レイダックトレーナー

f:id:santarou98:20200320232638j:image

レイダックシリーズは色々あるが屋内練習用のレイダックトレーナーが詳細に紹介された記事をみたことがなかつたので興味本位で入手。

レイダックトレーナーは初期型(RD-T)と後期型(RDT-MG)があり、今回入手したのは後期型。後期型で負荷装置(タイヤに接触して負荷を生ずる部分)が電磁式化して値段が49800円から54800円に上がつたのが相違点として上げられる。

負荷装置にはNAGAOKA・JAPANと表記されてあり、自転車関連用品を手広く製造してた長岡金属のものではないかと推測される。

余談だがレイダックトレーナーの発展型としてレイダックエクササイザー(RD-EX)があり、これはパルスメーターを追加し、負荷方式をフライホイール外周巻き付き式として実際の自転車駆動方式と異なるものを採用した現行のフィットネスバイクに近い製品。値段は55800円。


f:id:santarou98:20200320232726j:image

ホイールはアラヤ20Aの700Cでハブはシマノ、フリーもシマノで6段、チェンはHGチェン。搭乗者の体重を支へるシートポストを差し込むパイプから伸びたチェンステ―先端にある正爪エンドで挟み込まれてあり、ブラケットを介してシマノポジトロン変速機が使はれてある。


f:id:santarou98:20200320232737j:image

シフターはシマノポジトロン6速インデックス式がバンド留めされてある。所謂トップマウント式のシフター、サンツアーのクリマチック以降ロードマンで使はれたものとほぼ同じもの。


f:id:santarou98:20200320232752j:image

フリーとチェンの状態をみるに全く使はれることなくあつたことがわかる。


f:id:santarou98:20200320232805j:image

クランクは栄輪業の165mmでガード付きの50t。同社のカスタムAに似る。1986年1月製造だが本体(1990年代製)と年代が合はないので大量製造された在庫品を取り付けたのだらう。ペタルは標準仕様だと三ヶ島のRMXが付いてたと思はれる(極東の類似品かも知れない)。


f:id:santarou98:20200320232820j:image

シートポストは珍しい22.2サイズ。標準仕様だとヤグラを介してセライタリアのアナトミカサドルが付いてあつた。


f:id:santarou98:20200320232828j:image

ステムとハンドルは楠木のWIN。特異な形状に対応する為かカチ上げステムが使はれてる。バーテープはこの時期よく使はれたOGKのエンボス加工されたもの。

春夏秋冬ほぼ毎日自転車に乗つてる為、わざわざ屋内で自転車に乗る機会はないが、気が向けば乗つてみたい。

パグスレイのBBとクランクを交換

少し前から右クランクとBBの嵌合にガタが出始めて漕ぐ度にチェンラインがうねり、一部変速が使へなくなる為走り難かつたのでBBとクランクを交換する。

必要な工具はペタルレンチ、8mmレンチ、コッタレスクランク抜き(ISIS対応)、ホローテックII BBユニット取り付け工具、カートリッジBB工具。

クランクボルトが思ひの外固くて8mmレンチの持ち手を無理やり延長しないと外れなかつた、クランクボルトレンチを用意するのが良い。

ペタルやBB自体は特に問題なく外せた。


f:id:santarou98:20191219233437j:image

外してみるとBB自体にガタがあつた様で、中からバラ玉がこぼれてきた。

 

f:id:santarou98:20191219233449j:image

交換するのはAliexpressで注文したファットバイク用の100mmシェル用四角軸BB。軸長は155mm。


f:id:santarou98:20191219233504j:image

交換するクランクはデオーレLX(FC-M560)の5アームスパイダ付きで、PCD94-58とかなり小さめ。パグスレイを毎冬乗つた経験からなるたけ小さいのを選んだチェンリングは32-22t。


f:id:santarou98:20191219233512j:image

BBとクランクを交換したことでチェンラインがうねる事もなくなり変速も問題なし。

 

f:id:santarou98:20191219233521j:image

ペタルは付いた雪が凍つて踏ん張つて漕げない事が何度もあつたのでAliexpressで注文した薄手で大きく穴の空いたペタルを取り付け。45nrthのペタルが欲しいが値段が高いので安価な似た物で妥協。

札幌から羽幌(天売島)への190Km、2日間キャンプツーリング2019年夏、2日目

f:id:santarou98:20190730160755j:plain

7月21日早朝。明日朝までには帰宅しなくてはならないので、早起きして朝一番の船で羽幌へ向かふ。

 

f:id:santarou98:20190730160833j:plain

朝はジンギスカンを食べ。


f:id:santarou98:20190724214728j:image

余つたもやしを使つて袋乾麺も食べ。


f:id:santarou98:20190724214743j:image

カフェオレで朝食〆。

 

f:id:santarou98:20190730160904j:plain

朝食後島内散策。落差のある上り下りを楽しみ未舗装路も少し走る。


f:id:santarou98:20190724214844j:image

天気が良いので島内のあちこちから隣の焼尻島がよく見えた。

 

 

島内散策後、テントを撤収してキャンプ場を辞す。

港ではウニまつりが9時からあるので10時過ぎの朝一番の船に乗るまでウニまつりを楽しむ。


f:id:santarou98:20190724214902j:image

うに汁。味噌系の汁に玉ねぎと長ネギとウニが入つてるもの。玉ねぎが半生ぽくて余り好みではなかつた。やはり焼きうにが一番だが、のんびり炭火で焼いてる暇もないのが残念。

 

f:id:santarou98:20190730160922j:plain

うにの入つたおにぎり、うにぎり。うに汁よりも美味しい。


f:id:santarou98:20190724214927j:image

海鮮焼きうどんや焼き鳥もあつたので食す。お祭りといへばのラムネも飲む。

色々食べてる内にいい時間になつたのでお土産を買つてフェリーに乗つて島を後にした。


f:id:santarou98:20190724214942j:image

正午。フェリーに乗つて2時間搖られてる内に羽幌港へ着いた。

 

f:id:santarou98:20190730160946j:plain

折角なので洗濯したり温泉で疲れを癒やしたりしてる内に14時を過ぎてしまつたのであはてて羽幌を出発。今回は金欠の為、輪行はせずに札幌まで戻る。


f:id:santarou98:20190724215024j:image

オロロンラインを小平まで南下。海沿を走るのは楽しい。

 

f:id:santarou98:20190730161003j:plain

昼間はディフィートのアームカバーを使ふ。クールマックス地なのでいかにも毛ぽい見た目に反して昼間はほんのりひんやりしてある。


f:id:santarou98:20190724215054j:image

足元も夜はメリノウールのニッカホースだが、昼間はパールイズミのコールドブラックレッグカバーモンベルのWIC.サイクル ソックス。レッグカバーは黒い見た目に反して着用すると太陽光を反射してひんやりとした感じを保つ。サイクルソックスもまたしかり。


f:id:santarou98:20190730155654j:image

16時過ぎに小平道の駅到着。オロロンライン・天売焼尻を巡るスタンプラリーがあることを知る。帰りではなくて行く道で知りたかつた情報。


f:id:santarou98:20190730155657j:image

道の駅で休憩して自転車に戻ると、カラスが食物を探してフロントバッグをつついた所爲で後ポケットに入つた予備チューブの封が破られて、マップケースに入つたスピーカが中からはみ出てしまつてゐた。

人が多いのでカラスに狙はられるとは思つてもみなかつたが、今後は気をつける必要がある。

そして道の駅出発直前、近くの停まつたバイクにもカラスがたかりにきたのに気づいたので追ひ払つてやつた。

 

f:id:santarou98:20190730161116j:plain

小平町立望洋台キャンプ場の横を入つて18時過ぎ、日が落ちる。

 

f:id:santarou98:20190730161135j:plain

山中を走り中幌トンネルに到達したのが19時丁度。

 

f:id:santarou98:20190730161149j:plain

山中の道は路側帯はあるものの、脇から進出してきた草藪がはみ出してきてをり、サイドバッグ装備だと路側帯の内側を走り続けるのは困難である。

また羽幌からここまで向ひ風が続いてまつたく速度が出せず段々と疲弊してきた。


f:id:santarou98:20190730155833j:image

幌糠駅近くに着く頃には夕暮れ時。

 

f:id:santarou98:20190730161205j:plain

暫く走ると街灯周り以外は真つ暗な夜となる。

 

f:id:santarou98:20190730161226j:plain

山中では殆ど街灯が無いのでフロントライトの灯だけが頼り。

正直にいふとヒグマ等の夜行性諸動物が活性化するので街灯も無い山中を夜間に自転車で走るのはまつたくおススメできない。動物の唸り声がした時は生きた心地がしなかつた。


f:id:santarou98:20190730155912j:image

21時頃山中を抜けて北竜町セイコマートの灯で一安心して休憩。

 

f:id:santarou98:20190730161248j:plain

北竜町道の駅まで進んで小休止。

 

f:id:santarou98:20190730161303j:plain

22時30分頃雨竜町道の駅到着。気づくと設置してある人型看板が目の前にあつたので驚く。

 

f:id:santarou98:20190730161320j:plain

23時新十津川町に入つた。


f:id:santarou98:20190730160153j:image

日付がかはつて7月22日3時頃札比内到着。疲れと眠気でまつたく速度が出せないので小休止を繰り返しながら走つてる内に日を跨いだ。

 

f:id:santarou98:20190730161334j:plain

8時頃帰宅。羽幌から札幌まで約190Kmを大体20時間程かかつた。

行きの札幌から羽幌までは13時間程だつた事を考へると向ひ風と疲労で帰りは大分時間がかかつてしまつたことがわかる。目標だつた次の日の朝までの帰宅はできたものの、次は無理せず程々を走りたい。

札幌から羽幌(天売島)への190Km、2日間キャンプツーリング2019年夏、1日目

f:id:santarou98:20190723163115j:image

今回の相棒はフロント2サイド仕様のトラベゾーン ツーリング改650B仕様。

バッグ類はフロントバッグ、フロントサイドバッグx2、サドルバッグ、モンベルのサイクールランバーパック5(新型)。

フロントバッグには補給食、電気小物(充電器、携帯バッテリ、電池類)、サングラス、水筒、地図。

サドルバッグにはテント一式、グランドシート、エアマット、輪行小物類、簡易救急用品、着替へ、お風呂セット(タオル類他)。サドルバッグループにはマルトの自転車屋さんのポンチョ。

サイドバッグには輪行袋、寝袋、虫除けスプレー、紐類。もう片方へ各種クッカー、バーナー類、スポンジ、シェラカップ蚊取り線香、帽子。

サイクールランバーパックには財布、カード類、買物袋、空気枕、手帳と筆記用具、スマートフォン、ヘッドライトとランタン用シェード。工具類はツールボトルに纏めてダウンチューブ下のケージに付けてある。

また、途中で1.5Lのポカリスエットを購入してボトルケージにつけた。

前日19日の23時に出発。

 

f:id:santarou98:20190723163138j:image

24時には江別へ到着。 

 

f:id:santarou98:20190723180231j:plain

江別を過ぎてひたすら走る。

 

f:id:santarou98:20190723183527j:plain

当別、新篠津等を過ぎて行くが街灯が殆ど無いか、あつても2~3Km毎にしかないのでフロントライト、テールライト共に連続10時間程度使用可能なしつかりしたものを準備した方が良い(今回はキャットアイHL-EL540RCSL-WA100ブリヂストンサイクルTL-SP1使用)。

 

f:id:santarou98:20190723183611j:plain

しばらく小雨だつたのが月形辺りで雨足が強くなつてきたのでポンチョ着用。


f:id:santarou98:20190723163309j:image

日付がかはつて3時30分、浦臼のローソンへ到着。やたら小奇麗なコンビニだとは思つたが今年春にできたばかりらしい。

 

f:id:santarou98:20190723183629j:plain
4時40分頃、鶴沼の中心蔵を過ぎる。この頃には雨足も弱まつてきたのでポンチョを脱いで代はりにモンベルのウインドブラストパーカーを着てる。

ウインドブラストパーカーは丸めるとそれなりに小さくなり値段もアウトレット品を安価に入手できたので愛用してるが、自転車用ではないので蒸れ易いのが難点。

 

f:id:santarou98:20190723183644j:plain
フロントバッグのマップケースには行程を俯瞰する為の大まかな地図、デジタルオーディオプレーヤとパッシブスピーカが入れてある。ハンドルには現在時速表示と積算距離表示用にキャットアイサイクロコンピュータCC-CL200、友人が3Dプリンタで自作したガーミンマウント付きケースを使つたUnihertz Atomではグーグルマップのナビ機能を表示させてる。

Unihertz Atomはグーグルマップのナビ機能を常に表示したままだと1時間でバッテリ6~8%程度消費。音声案内があり、方向音痴には大変便利。最近の更新で小さいながら現在時速表示がオプションに追加された。

 


f:id:santarou98:20190723163410j:image

夏に愛用してるブルーラグの短パンは一見するとジーンズ地だが、薄手の麻混毛で蒸れにくく股周りが補強されてあるなどパターンは自転車用になつてをりポケットも口が広く深いので手袋をしたままでも出し入れし易い。夜から早朝にかけては寒いのでモンベルのニッカホースを履き、靴はモンベルのゴアテクスの防水靴(廃版品)。

 

f:id:santarou98:20190723183704j:plain

5時30分頃、雨竜町に入る。

さらに進んで6時30分頃北竜町に入り気温が上がつてきたので、ニッカホースとパーカーを脱いでアームカバーとレッグカバーと自転車用靴下に履き替へ暑さと日焼け対策とする。


f:id:santarou98:20190723163446j:image

美葉牛の辺りにあるひまわり畑は壮観。

 

f:id:santarou98:20190723183720j:plain

 幌糠の辺りは集落から少し外れると殆ど街灯もない山の中となる。

 

f:id:santarou98:20190723183736j:plain

中幌橋についたのが8時頃。


f:id:santarou98:20190723163534j:image

9時に漸く山中から日本海へと出た。以前宿泊した望洋台キャンプ場の近く。

 

f:id:santarou98:20190723183752j:plain

海沿を走るのはやはり楽しい。この日は向ひ風もなかつたのでかなり距離を稼げた。

 

f:id:santarou98:20190723183810j:plain

10時頃着いた小平道の駅で小平和牛を使つた小平バーガーを食す。美味。


f:id:santarou98:20190723164140j:image

小平から苫前辺りは風力発電所が多い。

 

f:id:santarou98:20190723183903j:plain

小平から苫前辺りは風力発電所も多いが坂も多い。

 

f:id:santarou98:20190723183917j:plain

まづ苫前道の駅手前に1つ目の坂。

 

f:id:santarou98:20190723183930j:plain

とままえ夕陽ヶ丘ホワイトビーチの辺りに2つ目。

 

f:id:santarou98:20190723183945j:plain

 

 

f:id:santarou98:20190723184004j:plain

押白志橋を過ぎてしばらく行くと3つ目。

 

f:id:santarou98:20190723184022j:plain

 

 

f:id:santarou98:20190723184037j:plain

興津仮乗降場跡から中間橋過ぎた辺りで4つ目。

 

f:id:santarou98:20190723184052j:plain

4つ目の坂を登りきれば羽幌はすぐそこ。


f:id:santarou98:20190723165945j:image

12時20分には羽幌市街地に着いた。昨晩23時の出発から約13時間程で札幌から羽幌まで着いた計算になる。

羽幌から天売焼尻までの船は普通船と高速船があり、この時間だと高速船には間に合ふが、以前高速船に乗つて揺れの酷さから酷いことになつたので高速船には乗らず、しばらく時間を潰してから14時30分の最終船に乗船。

羽幌沿海フェリーでは自転車は輪行袋に入れた状態だと無料で、そのままだと通常運賃の他に手荷物運賃がかかる(往復分の手荷物運賃を先に支払ふ)。

 

f:id:santarou98:20190723184112j:plain

16時20分頃天売島到着。フェリーターミナルに併設された受付でキャンプ場の受付を済ませる。ウニまつりをやつてるのでそれなりに人があるさう。


f:id:santarou98:20190723170026j:image

キャンプ場到着手早く設営を済ませる。テントはワイルダムワンマンテント。


f:id:santarou98:20190723170044j:image

今年からシャワー小屋の隣に炊事場が新しく建設された由。

 

f:id:santarou98:20190723170051j:plain

以前の外に置いたままの炊事場よりも蛇口の数が4倍に増えて使ひ勝手がよくなつた。洗剤や束子は用意されてないので持ち込む必要がある(島の商店で手に入る)。


f:id:santarou98:20190723170118j:image

新兵器スノーピークギガパワーストーブ 地 オート。点火装置付きで着火簡単、火力十分、携帯性は……それなり。愛用してた大陸製チタンバーナーのゴトクを折つてしまつたので新調。

 

f:id:santarou98:20190723184128j:plain

島の商店で食材を仕入れたので早速調理してビールを飲む。

 

f:id:santarou98:20190723184159j:plain

虫除けにスプレーと蚊取り線香を併用。マッチが湿気つて使ひ物にならなくなつてたので、ライター代はりに持ち込んだSOTOのマイクロトーチアクティブ蚊取り線香に着火。

 

f:id:santarou98:20190723184237j:plain

ビールにはジンギスカンがよく合ふ。

 

f:id:santarou98:20190723180244j:plain

いつの間にか上がつてた花火を観ながら飲んで食べて夜は更け行く。