読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌自転車日記

札幌で(古い)自転車に乗る人の日記。

部屋の整理の為にミノウラのバイクタワー10とドッペルギャンガーのトリプルストレージ フックセット / タワースタンドを入手したのでバイクタワー10をまづ設置。ロードマン二台を載せる。設置場所二台が一台分の場所に減つただけでもだいぶ良い。 ロードマン…

半分クイック化

手持ちの部品と自転車屋さんの協力で後ろハブをクイック化。ロードマンコルモはハブナット締めなので、車輪を外したり締めたりするのが面倒だつたんですよね。因みに上位車種のスーパーコルモは前後クイックです。改めて確認したところ全車種ハブナット締め…

ボスフリー抜き

久々の二代目弄り。間が大分開きましたが、来月には動ける状態にしたいです。 ボスフリー(サンツアーパーフェクト6段)を外します、固着してない事を祈りつつ、フリー抜き(PARKTOOL FR-2)を取り付けて、モンキーレンチを噛まし、反時計回りに回してやると、あ…

錆錆のチェン

1985年式ブリヂストン・ロードマンコルモ(RMC-600)から取り外したチェンです。 当時のカタログによればロードマンシリーズ(スーパーコルモ・コルモ・プレビオ)には全てゴールドチェンが使はれたとの事。しかし、このIZUMIのチェンは現状錆錆で、元が金メッキ…

新品だけどボロボロ

二代目のタイヤは初代と同じく未使用品なのですが、長年野晒しで置かれた結果、飴色のサイドゴムが著しく劣化して触ると剥がれてくる有様なので、取り外す事にしました。虫ゴムが劣化してバルブを取り出せないチューブも取り替へです。リムテープも取り替へ…

二代目の後輪を外す

ずつとシートポスト弄りをしてるのも憂鬱なので、気分転換に後輪を外して状態確認をする事に。 八十五年型ロードマンコルモは前後輪ハブナット締めです、反時計回りに緩められます。 後輪外す際にディレーラーガードが干渉するのでこれを外します。今度磨い…

新兵器導入

シートポスト固着対策の新兵器としてパイプレンチを導入しました。 油注して叩いて、シートポストにウェスを巻いてパイプレンチを噛まして動かすと……抜けません。でも一寸は動いた気はするので続けていきます。

二代目の近況

シートポスト固着は解決してません。油差しては叩いてます。ステムの方も固着してるぽいけれどまだ手を付けてないです。 そろそろ他の錆取りなんかを進めませうか。錆錆チェンを外して、ボスフリーも錆取りを……と、ボスフリー抜き持つてない。この辺はお店に…

ロードマンコルモの帰還

愛しのロードマンコルモ号が帰つてきました! といふのは嘘、こそーふさんが救出してきたロードマンを私が譲つて頂いたのです。盗まれたロードマンコルモ号と同年製(1985年)の同型(RMC-600)で、不思議な縁を感じます。 第二回豊平川自転車回の事で"そして、…